SONE MAGAZINE

"Brutal silence rott'em all"

post

ブラック・メタル/エクストリーム・メタルとノイズ・インダストリアルの親和性、 欧州でみられる共闘関係の背景や歴史について




先ずはこの作品からチェックして欲しい。


V.A. / Lords OF Chaos – The History Of Occult Music (Prophecy Productions) 2002

これは1998年米国作家マイケル・モイニハンがノルウェー作家ディードリック・ソーデリンドと共に1990年代初頭のノルウェー・ブラック・メタル・シーンについてレポートした”ロード・オブ・カオス-ブラック・メタルの血塗られた歴史”というドキュメント本のサウンドトラック作品だ(同名映画のサントラではないので注意)。
この作品ではメイヘム、ダーク・スローンなど様々なブラック・メタルを紹介しつつも、「音楽としての」ではなく「特殊な文化現象としての」ブラック・メタルを、アレイスタ・クロウリーやチャールズ・マンソン一派といった「オカルティズムやサイケデリックなどの非衛生的カウンター・カルチャー」を通して解読しようという試みがなされている。

制作は本の著者でもあるマイケル・モイニハン。ノイズ・インダストリアル・ファンの間ではブラッド・アクシスの活躍で知られる彼(余談だが1989年にモイニハンはノンことボイド・ライスとともに来日ライブもおこなっている)だが、前述の著作をはじめ多数の著作、翻訳者、ジャーナリスト、編集者などの顔をあわせ持つ人物だ。
なかでもモイニハンが2002年から不定期で発行する出版作品”Tyr...

Read More