Autopsia - In Vivo(CD)

¥1,540


80年代から活動するロンドン発旧ユーゴ経由現プラハ拠点の音楽と映像制作のアートコレクティヴ。これまでにStaalplaat、Hypnobeat、Old europa cafeなどから数十枚もの作品を発表している。
本作は曇ったシンセと煙たいインダストリアルビートで構成されたボディっぽさもある実にいい具合なアルバム。クラブで聴きたい。


Autopsiaは、音楽と映像制作を扱う脱人間的なアートプロジェクトです。オートプシアは、マルチメディア・プロジェクトを実現するために、さまざまな職種の作家を集めている。その活動は、前世紀の70年代後半にロンドンで始まり、80年代には旧ユーゴスラビアのアートセンターで続けられた。1990年からは、プラハを拠点に活動しています。活動開始当初は十数枚のMCを発表していたが、1989年以降、アムステルダムのStaalplaatを皮切りに、ドイツのHypnobeatやロンドンのGymnastic Recordsから20枚のCDを発表している。Autopsiaの音楽は、世界中で発行されている数多くのコンピレーションに収録されています。また、ピーター・グリーナウェイ監督の映画「ピロー・ブック」のサウンドトラックに楽曲が収録されている。オートプシアの音楽制作は、オリジナルのグラフィック・オブジェクト、フライヤー、ブックレット、CDのデザイン、ウェブページautopsia.netやその子孫からなる大規模なグラフィック制作と関連しています。Autopsia TVとIlluminating Technologiesがある。

Autopsia is a depersonalized art project dealing with music and visual production. Autopsia gathers authors of different professions in realization of multimedia projects. Its art practice began in London in the late '70s of the last century, and continued during the '80s in art centers of the former Yugoslavia. Since 1990, Autopsia acts from Prague. At the beginning of its activity, Autopsia issued a dozen of MC's, in the period after 1989, twenty CDs were issued, at first for Staalplaat from Amsterdam, then for German label Hypnobeat and London's Gymnastic Records. Autopsia's music can be found on numerous compilations issued all over the world. One of its compositions is a part of the soundtrack for Peter Greenaway's film "Pillow Book". Music production of Autopsia is associated with a large graphic production which consists of original graphic objects, design of flyers, booklets, CD's and a web page autopsia.net, with its offsprings: Autopsia TV and Illuminating Technologies.

Label:Death Continues Records ?? DCRCD009
Format:CD, Compilation, Limited Edition, Remastered
Country:Belgium
Released:14 Jul 2016

Share:

Guaranteed safe checkout

Upsell Products