Z'EV - 'HEART BEAT EAR DRUM' (DVD)

Z'EV - 'HEART BEAT EAR DRUM' (DVD)

$15.00

伝説のインダストリアルアーティストZ'EV(1951-2017)についてのEllen Zweig監督の長編ドキュメンタリー。Cold Springよりリリース。

-

"Heart Beat Ear Drum "は、パンク時代のスクラップメタルミュージック-トランスを誘発するサウンドをもたらす並外れた音響現象の数々-で知られるアーティスト・音楽家の故Z'EV(1951-2017)についての長編ドキュメンタリーである。

このドキュメンタリーでは、彼の音楽がどのように変化し、成長したのか、そして彼の個人的な旅がどのように芸術の限界と心の深みへと導いたのかが描かれています。2007年から2015年にかけて、エレン・ツヴァイク監督はZ'EVを追いかけ、コンサートやインタビューを撮影し、アーカイブ映像を収集した。Z'EVのインタビューに加え、1970年代から彼を知るアーティストたちのコミュニティ、1990年代に彼と出会ったキュレーター、彼の録音音楽を聴いたり哲学的なテキストを読んだりしただけの若い人たち(ボブ・ベレルー、ボウ・ガムラン・アンサンブル、HATI、バルバラ・スタビニ、シモーネ・フォルティ、ザック・レイトン、カール・ストーン、ネッド・サブリット、ジョアンナ・ウェントなど)に対するインタビューも掲載されています。

Z'EVは、金属片をぶつけたり投げたりして音を出す「ワイルドなスタイル」からスタートしました。彼は、スクラップヤードでアートの材料を集めました。30年後、ほとんどのスクラップヤードが閉鎖された。Z'EVは現在、マレット・パーカッションを使い、音響現象を探求している。Z'EVは、アートのため、トランス瞑想のため、そして思慮深い生き方のための十字軍だったのである。彼のファウンド・オブジェクトの美学は、私たちの周りにあるすべての物にアートを見出させた。彼の芸術活動は、ドラム演奏、彫刻、ガーデニング、そして料理にまで及んでいた。

この映画は章立てで、物語的な構成と脱線的な構成の両方で構成されています。構成はトピックベースであり、厳密には時系列ではない。映画の前半は、アーカイブのコンサート映像とインタビューを使って、芸術と音楽の世界におけるZ'EVの位置を確立しています。後半は、現代のコンサート映像やインタビューから、Z'EVをより瞑想的なスタイルに導いた変化を探ります。最後は、コンサートの延長で終わる。

映画全体を通して音楽が流れますが、最後には音楽とZ'EVの共鳴の探求に没頭することができます。

監督 エレン・ツヴァイク

 

"Heart Beat Ear Drum" is a feature length documentary about the late artist and musician Z'EV (1951-2017), known for his punk era scrap metal music - an extraordinary range of acoustic phenomena resulting in trance-inducing sounds.

This documentary shows how his music changed and grew and how his personal journey led him to the margins of art and the depths of heart. From 2007-2015, director Ellen Zweig followed Z'EV, shooting concerts and interviews, and collecting archival footage. In addition to interviews with Z'EV, there are interviews with a community of artists who have known him since the 1970's, curators who have encountered him in the 1990's, and younger people who have only heard his recorded music or read his philosophical texts (Bob Bellerue, Bow Gamelan Ensemble, HATI, Barbara Stevini, Simone Forti, Zach Layton, Carl Stone, Ned Sublette, Johanna Went and more).

Z’EV began with a "wild style", crashing and throwing pieces of metal to make sound. He collected the materials for his art at scrap yards. 30 years later, almost all the scrap yards are closed. Z'EV now uses mallet percussion to explore acoustic phenomena. Z'EV was a crusader: for art, for trance meditation, and for living a thoughtful life. His found object aesthetic made us see art in all of the objects around us. His art activities included drumming, sculpture, gardening, even cooking.

This film is divided in chapters and organised with both a narrative and a digressive structure. The structure is topic based, not strictly chronological. The first half of the film uses archival concert footage and interviews to establish Z'EV's place in the world of art and music. The second half uses contemporary concert footage and interviews to explore the changes that led Z'EV to a more contemplative style. The film ends with an extended concert.

There is music throughout the film, but at the end, you are immersed in the music and in Z'EV's exploration of resonance.

Director: Ellen Zweig

Share:

Guaranteed safe checkout

Upsell Products