UMPIO -Trankilo (3″CD)

UMPIO -Trankilo (3″CD)

$9.00


フィンランドのHarshNoiseUnit"UMPIO"。
FREAK ANIMAL、3"CD 3タイトル同時リリースの内の1枚。

Umpioは、これまで様々な種類のアプローチを示してきました。ハーシュノイズ、コズミックオシレーション、フィールドレコーディングなどなど。Trankiloでは、Freak Animalからリリースされた賞賛すべきCD「Muelas」とは全く異なるアプローチをとっている。多くのフィンランド人アーティストが好むローファイな生々しさではなく、Umpioはここで全く逆のアプローチをとっている。そのシャープでクリアなプロダクションは、まるで「スタジオ録音」と形容されるようなものだ。しかし、素材はジャンク・エレクトロニクスで増幅されたシャープなもの。そのため、ノイズが持つ破滅的な質感を露呈している。20分間に5曲というのは、それ以上のものだ。また、フィールド・レコーディングやインダストリアル・ノイズを用いた革新的なミックスは、他のUmpioの作品や他のノイズとは一線を画している。即座に再生することを要求します!

Umpio: 「すべての音はステレオマイクで録音され、ライン入力はありません。内部フィードバックループのセッションで、エレクトロニクスが内部オーバーロードに追い込まれ、喋りだすというものです。その後、テーブルの上のマシンを片付け、おいしいジャンクを積み上げ、テーブルの脚にコンタクトマイクを1本、そしてベースアンプに接続。隅にはラジカセがあり、Reaktorの録音が飛び交っている。ある音が他の音のために場所を空けるようなサイドチェインセットアップでミキシングした。脂肪を取り除き、スピリタスを抽出する。

私はほとんど常に20分単位で作業しているので、ディスクのサイズについてはコメントできませんが、作曲のアーチには20分がちょうどいい長さだと思います。ヒプノドロンや他の万華鏡のような、何時間かかってもいいような音楽の話をしない限りは。

3″CDは、あなたがラップトップにそれをスライドさせることはできませんが、あなたは本当にプレーヤーにそれを置く必要があり、それはあなたが聞くようになるので、良いことですハハ サイズ的にはスタイリッシュで、資源の無駄遣いも少なくなるし、でもミニサイズなのでイラつくし、好き嫌いが分かれるところだと思います。

Umpio has displayed various kinds of approaches. He has done brute harsh noise, cosmic oscillations, field recordings and so on. On Trankilo, Umpio goes to very different approach than praised “Muelas” CD published on Freak Animal. Instead of popular low fidelity rawness known by many Finnish artists, Umpio takes exactly opposite approach here. It’s sharp and crystal clear production resembles what one would describe “studio recording”. However, material itself is razor sharp amplified junk electronics. Fierce, loud and utterly clear ? and therefore exposing the ripping quality of noise. 5 songs in 20 minutes is much more than that. Innovative mix of harsh noise, field recordings and rough industrial-noise sounds makes this piece unlike any other Umpio release and unlike pretty much any noise out there. Simply demand for instant re-play!

Umpio: “All sounds acoustically recorded with a stereo mic, no line-in. From a session of internal feedback loops, where the electronix are driven into internal overload so hard that they start talking. Later cleared the table from machines and piled up some tasty junks, one contact mic on the table leg, then into a bass amp. Boombox in the corner spluttering some Reaktor recordings. Mixed with some sidechaining setup, where certain sounds make room for other sounds. Remove the fat, distill the spiritus.

I work in 20 min blocks almost always so I can’t comment on the size of the disc, but I find 20min xlent length for the compositional arch. Unless we’re talking about hypnodrone o rother forms of kaleidoscopic music which are ok to take hours.

3″CD is good as it makes you listen cos you can’t slide it into your laptop but you have to really put it into a player haha! And from the size it’s a love/hate thing cos it’s stylish, wastes a bit less resources, but also irritatingly mini.”

Label:Freak Animal Records ?? FREAK-CD-091
Format:CD, Mini
Country:Finland
Released:Jun 2017

Share:

Guaranteed safe checkout

Upsell Products