GOVERNMENT ALPHA - Seventh Continent (CD)

GOVERNMENT ALPHA - Seventh Continent (CD)

¥1,500

前世紀94年に本格的に活動を開始し、積極的なリリースとライヴ、海外ツアーを繰り返しながらエレクトロニクスの様々な可能性を模索し続け、現在は一貫して徹底的なHARSH NOISE STYLEをとりつつEXTREME MUSICの究極型を今なお追求している吉田恭淑a.k.a. GOVERNMENT ALPHAが00年代に放つ最後のオリジナルフルアルバム!
GOVT.Aが誇る大音圧・大音量を以て暴走するハーシュノイズが描き出す、人類が虚無の最果てに夢想する「第七大陸」の風景とは?

両面フルカラーの特殊プラケースジャケットにGOVT.A吉田氏の手がけた3枚/6種のコラージュワークリーフレットを同梱。
全7トラック、48分。

GOVERNMENT ALPHA -ーーーーーー
吉田恭淑のソロによるEXTREME HARSH NOISEプロジェクト。
1992年頃から自宅録音による実験的なサウンド作りを目的として音源制作を始め、1994年からGOVERNMENT ALPHA名義で本格的にHARSH NOISE制作に向けての活動を始める。
1995年にUKパワーエレクトロニクスの重鎮WHITEHOUSEのレーベル"Susan Lawly"からリリースされたコンピレーションCD "Extreme Music From Japan"でデビュー。
以降は積極点に作品リリースとライブ活動を展開し、今まで(2009現在)に海外ツアーを7回敢行している。
究極のサウンドは何かをテーマにしつつ、幅広いジャンルのアーティストと共演/コラボレーションをしながら、エレクトロニクスの様々な可能性を模索し続けながら今日に至る。
そしてHARSH NOISEという特異なサウンドスタイルを持ちながらもロック的な音楽感覚でノイズサウンドを構築していく独特なスタイルと、ハイテンションでフィジカルアクションを交えた躍動感溢れるダイナミックなライブパフォーマンスは国内外を超えて評価が高い。
GOVERNMENT ALPHAをリリースする為のレーベルとして運営をしているXERXES(クセルクセス)レーベルからは、自身の音源のみならず世界各国のノイズアーティストの作品もリリースをしており、今ではその数は80タイトルを超えている。
またレーベル活動と同時期に始めたジャケットアートワークの評価も高く、今までに多数の作品を他アーティストのアルバムジャケットへと提供している。

ooo-16

Share:

Guaranteed safe checkout

Upsell Products