V.A. - 10時間 / Ju-Jikan: 10 Hours Of Sound From Japan(2CDs)

V.A. - 10時間 / Ju-Jikan: 10 Hours Of Sound From Japan(2CDs)

€15,95

2001年、サンフランシスコのサウンドアート団体23fiveとサンフランシスコ近代美術館は、日本の実験音楽の過去50年間を記録した10時間の「試聴イベント」、「Ju-Jikan」を共催しました。Ju-JikanのキュレーターであるAtau Tanaka、Ryoji Ikeda、Shunichiro Okadaは、この展覧会を日本の実験音楽の包括的な百科事典にするつもりはなく、むしろ「現在の日本の音楽状況を構成する、音のスタイルに関する複雑な網を辿る」ことを目指しています。田中は『Ju-Jikan』のライナーノートに明晰な文章を寄せているが、日本のオーディオ実験というニッチの中だけでなく、日本文化全体に潜む矛盾や暗黙の繋がりを丁寧に描写している。テクノロジーとエレクトロニクスが『Ju-Jikan』の広い範囲に同化する唯一の要因であるように、これらの同じツールはまた、西洋から、そして互いから分離して豊かな新しい言語を生み出す可能性を与えた。

SFMOMAで行われた10時間の「リスニング・イベント」が50年にわたる歴史的録音に及んだのに対し、この2枚組CDは過去10年を中心に、多くのアーティストの未発表作品を発表する手段として制作されました。Ju-Jikan」(2枚組CDとSFMOMAでの試聴会)は、すべてのアーティストが、電子合成の組み換え力と異質なスタイルの並置を利用し、日本音楽の定義が不明確でも標準的な音楽ボキャブラリーになっている。田中、池田、岡田は、コンピュータ音楽、反アカデミック運動、ノイズ、反ポップの順列、アンビエント・フィールド、アフター・インプロヴィゼーション・ミュージックなどの便利なカテゴリーを入口として提供したが、多くの日本の実験芸術家が自分たちを美学の隅に追いやることを拒否していると指摘している。Ju-JikanのCDコンパニオンには、Tamami Toro, Pain Jerk, Yasunao Tone, Nerve Net Noise, Otomo Yoshihide, Atau Tanaka, i.d., Masonna, Kozo Inada, Ichiro Nodaira, Hanatarash, Yuji Takahashi, Ryoji Ikeda, Merzbow, Kazuo Uehara, Astro and Testuo Furudateが収録されています。

 

Label:23five ?? 23F/SFM 901, San Francisco Museum Of Modern Art ?? 23F/SFM 901
Format:2 × CD
Country:US
Released:2002

Share:

Guaranteed safe checkout

Upsell Products