SPORE SPAWN - DAKEDOKIENAI(CD)

€12,95


 

 

新潟のHarsh Noise Unit "Spore Spawn"、2020年作秋のフルアルバム。
メトロイドのキャラクターから採ったユニット名と某ゲーム名人の代名詞から採られた自主レーベル名、SNSなどから得られる飄々としたイメージとは裏腹に近年の作風はヒステリックなパワーと鬱屈を内包したダーク・シック・ハーシュに突入している。
一貫して喧しく歪みつつ緻密にレイヤードされたサウンドと咆哮/絶叫、駆使されるカットアップとテープマニュピレートによるドラマチックな展開、時に挿入される静的な日常音がぞっとするほど寂しく響き...。
これでアートワークやアーティストイメージもシリアスかつモノクロームに吹っ切ったら一気に化けそうな気がするが敢えてそういうフォーマットめいたものに乗っからずプライベート感覚に則るのがスポスポらしさであり日本のノイズ感覚なのかもしれませんね。おすすめです!

----

新潟の突然変異Spore Spawn 早くも2nd!!!

2019年にようやく1stフルアルバムをリリースし自身の世界観と存在感を提示させたのも束の間、前作での試行錯誤を堅実なものにアップデートさせる2ndフルアルバムが早くもリリース!
過去作品群にて確立させた不穏アンビエントにカットアップハーシュ、そこへ重ねる全力絶叫と物騒音声の親和性を更に加速させつつ、その過程にて発生した不可測・不条理な展開も己の持ち味として昇華させた全5曲!
初っ端から混沌ブッ放す気勢から不安と焦燥感を煽る暗示など、定石と無茶を往来するその構成は作品として聴き通せる事を想定しており、アルバムでのリリースに意味を持たせる内容となっている。

Spore Spawn

2010年より活動開始。
初期は家庭用ゲーム機を改造した自作楽器を使用しながらのたうち回る、これぞ初期衝動よろしくの無茶を体現。
その後は純粋に音を追求する事に特化するため、冷静な判断によりこの手法は封印となる。
現在は自作エフェクター・メタルジャンク等によるカットアップハーシュ、持てる全てを放出させる絶叫と奥に潜む不安を煽る物騒な音声、不穏アンビエント・フィールドレコーディングも重ねながら様々な展開を駆使する。
海外レーベルからコンスタントにリリースし、自身でも16 Shots Per Second Recordsを運営。
2018年に台湾、2019年にはフランスにて海外公演を行い共に成功を収めている。
2019年に1stフルアルバム「Dousekurunode」をリリース後、New Forces(US)とFOUL PREY(UK)からのカセット二作品を経て、2020年早くもの2ndフルアルバム「Dakedokienai」をリリースする。

01. Atarimaega 7:50
02. Itsukanosonogo 12:40
03. Urusainemui 8:00
04. Emoiwarenu 5:30
05. Okitekisoude 8:14

Share:

Guaranteed safe checkout

Upsell Products