Sissy Spacek - Expanding Antiverse (CD+DVD)
Sissy Spacek - Expanding Antiverse (CD+DVD)
本作はUSA/LA発ブラー/グラインド・ユニット"Sissy Spacek"の結成20周年を記念し制作された33枚目のアルバムである。Nuclear War Now!からリリースされる新作と同時期に制作された本作はグラインドとノイズの最も強烈な要素を取り入れた意欲作。テープマニピュレート、ノイズなど実験的手法をふんだんに取り入れ、曲のメソッドとしてで無く音そのものでグラインドコアにアプローチするような激しい音塊と怒濤の展開はノイズグラインド/グラインドコアの可能性を更新し続けるバンド=Sissy Spacekの希有なオリジナリティを存分に示している。 DVDにはSara Taylor(Youth Code), Aaron Hemphill (Liars), Mike Dubose (Raw Nerv es, Superbad)参加時のライヴフッテージやリハーサル、ギャラリーでの破壊パフォーマンス等様々な秘蔵映像を70分超収録。パフォーマンスアート"THE HATERS"を参照したJohn Wieseデザインによるアートワーク、紙ジャケゲートフォールド仕様。 Sissy Spacek: 1999年ロサンゼルスで結成されたブラー / グラインドユニット。実験音楽家John Wieseによって設立され、ノイズコア、コラージュ、テープミュージック、フリーインプロビゼーション、ラージスケール・アンサンブル、そしてそれ以外にも、様々な要素を取り入れながら、グラインドコアのバンドして多彩な音楽シーンを超えて活躍を続ける中、多くのメンバーたちが、何年間も経つ間に、バンドに加わり、そして去っていった。このバンドは、数多くのジャンルをまたぐ、そして数多くのメソッドを駆使した30枚以上のフルアルバムを、すでにリリースしている。 過去10年間のシシー・スペイセクは、ライブパフォーマンスで地獄から来たようなグラインドコアの演奏を容赦なく観客に叩きつけるとともに、幅広いジャンルのレコードをリリースし続けている。 今回は2013年からの編成であるCharlie Mumma (ドラム、2008年よりボーカル) とJohn Wiese (ベース、エレクトロニクス、ボーカル)のデュオで、結成20周年を記念し初来日する。 This album has been recorded to celebrate the 20th anniversary of the Los Angeles blur/grindcore unit "Sissy Spacek", as its 33rd release. This bold undertaking, including intense grind and noise elements, was recorded at the same time as the new album being released from Nuclear War Now! Productions. In a characteristic display of Sissy Spacek's continuous original developments of the potential in noise-grind and grindcore music through raging waves of sound, this album generously implements tape manipulations, noise, and other experimental techniques, not as methodical features of the songs, but by using sound itself to approach grindcore. The DVD includes over 70 minutes of rare footage, such as the live performance with Sara Taylor (Youth Code), Aaron Hemphill (Liars), Mike Dubose (Raw Nerves, Superbad), rehearsal, and a Destructive gallery performance. The gatefold disc cover includes artwork referencing the performaofnce art "The Haters" as designed by John Wiese. Sissy Spacek: A blur/grind unit formed in 1999 in Los Angeles. Established by experimental musician John Wiese, various members have entered and left the band throughout the years as it overlapped different scenes, considering itself a grindcore band while employing noisecore, collage, tape music, free improvisation, large-scale ensembles, and more. The band has already released more than 30 full albums, within different genres and methods. During live performances, Sissy Spacek, in the last 10 years, has been an unrelenting hellish grindcore assault, while releasing a wide variety of genres in their records. Since 2013, the band has been a duo with Charlie Mumma (drums, and vocals since 2008) and John Wiese (bass, electronics, vocals), and is coming to Japan for the first time to celebrate its 20th anniversary. CD 01. Cacti 02. Machine Abstraction 03. Arrow 04. Turner 05. Hoping Off 06. War Bonnet 07. Pre-Approved 08. Scramble Suit 09. Bleached 10. Mk II 11. Coupling Type 12. Prize Closet/ 1 13. Three Listed Actions 14. Sympathectomy 15. Lane Splitting 16. Mixed Message 17. Handgun 18. BPHF 19. California Sleep 20. W.A.M. 21. Closed To Interpretation 22. Limit Cycle Attractor 23. Spalling 24. Spike 25. Unraveling 26. Alphabetic 27. Run-On Line 28. Rejet 29. Blind Take/ 1 30. Alliterative Verse 31. Blind Take/ 2 32. Time Of Waste 33. Asylum 34. Pineapple Fragmentation 35. Painted Red 36. Variant 37. Seeded Fruit 38. Closed Couplets 39. Prize Closet/ 2 Total Time: 34:56 Bonus DVD 01. Live At The Handbag Factory 02. Live At Human Rescources 03. Reh 2014 04. Mata Gallery 05. Stacking 06. Live At The Smell 07. Live In Oakland 08. Live At Berserktown 09. Live On WFMU Total Time: 76:05
¥2,000
WORLD - WORLD (CD)
WORLD - WORLD (CD)
90年代大阪グラインドシーン(GRIND OSAKA)を中心に存在を示し、今なお語り継がれるノイズグラインドバンド"WORLD"初の音源編集盤。 代表的なリリース作である"Why Who What"(1st solo EP /1995)、 "Why Nobody Understand"(Split EP w/YesMeansYes /1997)、 "SPACE"(2nd solo EP /1998)、 "NEW WORLD"(Split EP w/Cripple Bastards /1999)の他、  "DEMO 1995"(cassette / 1995)そして "Snarl Out 7" Compilation"(EP/1997)、 "V.A.19.1.17.5.46 - 1:41"(Cassette/1995)、 "V.A.PAINKILLER PRESENTS 2000 OSAKA WAR"(CD/2000)参加トラックを収録。 原浩一氏による全曲リマスタリング、メンバー監修の16頁ブックレット封入。 デビューから20年を越え未だフォロワーの発生すら許さない特異かつ孤高のパンク・バンドの悪意の結晶、今ここに甦る! Track: 1. DEMO 1995 - 4:53 2. WHY WHO WHAT - 4:03 3. WHY NOBODY UNDERSTAND? - 2:51 4. NEW WORLD - 4:18 5. SPACE SIDE A - 5:56 6. SPACE SIDE B - 3:28 7. Snarl Out 7" Compilation - 1:32 8. V.A.19.1.17.5.46 - 1:41 9. V.A.PAINKILLER PRESENTS 2000 OSAKA WAR -6:48 Total Time: 32:27 WORLD: VOX : kovLA THROAT : HIROSHI “tama” ZEN DRUMS : AONO TADAHIKO ex.Member DRUMS : KANAME (WHY WHO WHAT) 1993年結成、1995年京都舞鶴にてライヴデビュー。 グラインドコアバンドとしてスタートしつつ自作のノイズマイク開発、テープコラージュなど多様な実験的手法を取り入れ活動。 1998年、EP"NEW WORLD"で悪意の完成を迎える。 1999年、預言された世紀末の訪れに伴いHIROSHI “tama” ZEN脱退、悪意/闇/地獄をぶっ放して活動停止。 2018年、難波BEARSで19年振りにライヴ活動を再開。 RELEASE PARTY: 9/15(土)大阪・難波BEARS 出演:WORLD/SISSY SPACEK(USA)/SOLMANIA 9/16(日)東京・小岩BUSHBASH 出演:WORLD/SISSY SPACEK(USA)/cunts/ENDON/TEXACO LEATHERMAN/CARAMBA x 黒電話666/ DJ:BLACKSHEEP CREW - COGEE,SUNGA,MJ,UG KAWANAMI Catalogue Number: OOO-34/死の六 Label: [...]dotsmark / 死体カセット
¥2,000 SOLD OUT
V.A. ‎– 史上最悪オムニバス3(The Worst In History Omnibus Vol.4) (CD)
V.A. ‎– 史上最悪オムニバス3(The Worst In History Omnibus Vol.4) (CD)
史上最悪くそレーベルの名作コンピ第3弾。 1 –史上最悪くそレーベル スタート 2 –月刊殺人 卒業式 3 –わに 裏サーフ 4 –肉奴隷 1996.11.30高円寺20000v でのLive収録 5 –Mo・Te & Suzu (8) 〜Top7 6 –S・O・S (最近オナニーしすぎ) 処女膜再生 7 –The 藁人形 Live At 騎西Laforet 8 –Kuso Miso You Are The One (Live) 9 –武蔵野 赤飛 10 –The Pig Foot Eaters Experience The Pig Foot Eaters Experience Untitled Some Songs 11 –マリコ18才 爆破少女 12 –Anaklist 174-182 13 –メリージェーンズ アンド ファンクモンクデリックマン ナウでヤングなみんなのデリックマン 14 –Voice A Union 悪魔の弟子 〜 ハイエナ 15 –社会 しみ抜きぐったり 16 –世捨人 (Yosutebito) Delicious Defecation 17 –池野考造 Direct Action 18 –猿 トウフ・ガイ In The Sun 19 –Freaks Idol Live At 1109 20 –Kobax 振子 21 –毒餌 Yamakazi 22 –ニーダ カッセラーキルヒベイク Flog A Dead Horse 23 –トイレの花子さんバンド 便器In The Dark 24 –God's Sleeping Tiger まなみToあい子16才 25 –正太郎28号 Shota28 26 –九七式重戦車 Not You 27 –Sugar Kane Bicycle Or Die 28 –幾見仁貴 孤独の喘ぎ 〜 携帯電話から 愛96' 冬 29 –道産子アナル Noise Wants Toget Funked Up 30 –DJ! アグネス Date Of Disco 31 –Petit Mit プチ・ミットのテーマ 32 –ボルティス V Giantnobita 33 –池袋チエミ と デッドボディーアート カツカレーがくいたくて Label:SSKL Japan Format:CD Country:Japan Released:1997
¥1,000 SOLD OUT
ENDON - ACME APATHY AMOK (CD)
ENDON - ACME APATHY AMOK (CD)
ENDONは2007 年に結成された、エクストリームミュージックの決定的な更新を目論む音響集団である。通常のバンド編成にエレクトロニクス奏者2人を擁した彼らの生成する音は、Noise,Hard Core,Black Metal, Industrial,Grind Core といった無数のハードスタイルの混成であり、徹底的にフィジカルなPure Hard Core の体現である。 身体と音響の運動量過多、自傷・流血の頻発する破滅的なステージングは地下ライブシーンで話題を呼んでおり、 最も注目すべきアクトの1つだ。メンバーAXONOX はエフェクターブランドMASFを主宰しており、ENDONでの使用機材にとどまらず過剰な性質を持つ製品を発売、ユーザーに「BORIS」など多数のアーティストが名を連ねる。また、単独主宰ライブイベントとして「TOKYODIONYSOS」、毎年末には50組に及ぶ多種多様 なアーティストの結集するカオスなイベント「地獄のコミュニケーション」を共催でプロデュース、アンダーグラウンドなアーティストたちによる闘技場的空間のアレンジを試みる。 ENDON is an experimental acoustic collective from Tokyo, first gathered in 2007 in order to bring a decisive rally on contemporary extreme music. In addition to a conventional band formation of vocal, guitars, and drums, there are two additional electronics performers, allowing them to create harsh, distinctive sounds in various chaotic mix of styles ranging from noise, hard core, black metal, industrial, to grind core, through an absolutely physical embodiment of pure hard core mentality. Their staging can be characterized as a plethora of physical and acoustic momentum, with destructive performances involving self-mutilation and bleeding, receiving high critical acclaims in the underground live scenes and are touted as one of the most exciting acts. To me this material sounds like Endon has taken some of the traditional Japanese noise like Hijokaidan, and updated it to 21st century. -Mikko Aspa (Grunt / FREAK ANIMAL / Deathspell Omega / NORTHERN HERITAGE) This commemorative first full length album “Acme Apathy Amok” is the representation of the band’s ever growing nefarious deeds, and it serves as the evidence to their success in creating a new epitome of hybridized extreme harsh music through the abolition of the obsolete system of musical categorization. Fuck the conservatives and fuck the unorthodox. Don’t take your eyes off of these guys! -PAINJERK
¥1,500 SOLD OUT
Origami Swan - Traditional Kaiju Violence (CD)
Origami Swan - Traditional Kaiju Violence (CD)
2004年にカナダ・バンクーバーで結成されたギター&キーボード&ドラム&トリプルボーカルの3人組バンド Origami Swanの1stアルバム。Discordance Axis,Pain Killer,Merzbow,John Zone,Venetian Snares等に共通項を見出す七色に変化する轟音のサウンド・スケープ! デス/ブラックメタル、グラインドコア、ブレイクコア、エモ、ノイズ、インダストリアル、サイケデリック等 いくつものエクストリームな音楽的要素を異種交配して産まれた怪獣によるド変態サウンドがリスナーの音楽的制約を破壊する。変調されパワーエレクトロニク ス化した奇妙なボーカル、極悪かつフリーキーなリフ、変幻自在なキーボード&ノイズ、 パワフルでハイテンションなドラム、意味不明な曲構成、それらが雑多なSEにまみれている。 彼等が本作で成し遂げたのは、新種のアメーバが無差別に触手を伸ばし、 あらゆるものを無差別に取り込んで新たな何者かへと成長していくかの様な「理屈なき混沌」である。 それは現代日本のサブカルチャーが持つものと同質の狂気であるが故に、Origami Swanはバンド名、曲名からアートワークに至るまで日本の文化と共振し、多くのアイデアを受け、またオマージュを捧げている。 封入特典:Origami Swan 特製折紙(白鳥)、Origami Swanへのインタビュー・リーフレット This band was formed in 2004 in Vancouver, Canada. This CD is their 1stCD. DEATHMETAL,BLACKMETAL,GRINDCORE,BREAKCORE,EMO,NOISE,INDUSTRIAL,Psychedelic... the monster(kaiju) of extreme music spawned by a lot genre interbreeding. vocal modulated like power-electronics,heinous and freaky guitar refrain,keyboard and noise are like Kaleidoscopic,drumming is powerful and high tension...Building cryptic songs,And they are stained in miscellaneous samples.Sounds like a mixture of Discordance Axis,Pain Killer,Merzbow,John Zone,Venetian Snares. they have to represent in this work are "chaos without reason".It is the same as insanity of contemporary Japanese culture.Therefore, they are getting a lot of ideas from the Japanese culture. ooo-17
¥1,500 SOLD OUT
恋風 - ピラミッド爆破指令もしくは21世紀の恋人たちへの福音 KOIKAZE - Pyramid blast order or The Gospel to the lovers of the 21st century (CD)
恋風 - ピラミッド爆破指令もしくは21世紀の恋人たちへの福音 KOIKAZE - Pyramid blast order or The Gospel to the lovers of the 21st century (CD)
「純愛系サイケノイズパンクハードコアプログレッシブアニソンニューウェーブ実験歌謡(マジ)」。  VARIATIONS OF SEX、PRIMABOXXのまる山まる子と、いくつかのユニットでレコーディング&パフォーマンスを行っている本木克昌の2人によるスペシャルユニット「恋風」の1stCD。  「唄モノ」「脱既成ノイズ」をキーワードとして繰り広げられた丸山と本木、そして音楽との三角関係。三者の二年にも及ぶもつれにもつれた大恋愛(遠距離)の果てに産み落とされた奇形児が今作である。  灰野敬二や水谷孝(裸のラリーズ)を想起させる丸山の妖しく美しい歌声にアブストラクト/サイケデリックなハーシュノイズ、本木の発狂スキャット及び治外法権的サンプリング等両者の個性が暴力と必然との絶妙なバランスで融合したアバンギャルド歌謡。  また、近年の引き籠もり系ゴアグラインド勢やKUKNACKE等にみられるサンプリング手法を一歩先に進ませたような曲構築のハードコアにボディーコンシャスなその質感は、素材の良さを活かしすぎた日本料理が鈍行のジェットコースターに乗りながら映画を観るような、フランス料理的なコース料理として振る舞われるようで、極度に幻想的である。   ノイズ、サイケデリック、昭和ロック歌謡からシューゲイザー、グラインド、メタル、ヘヴィロック、果てはヒップホップ、アニメソング、ヴィジュアル系までと、まるでユニット名の由来である血の繋がった兄妹による禁断の恋愛を淡く描いた伝説的深夜アニメのテーマを象徴するかのごとく、あらゆる音楽的禁断とジャンルのボーダーを乗り越えユーモアとシリアスさえも呑み込んで到達した新世紀型唄世界!  シュールなコラージュと緩やかなノイズの嵐の中で「あなたの感情に価値など無い」と囁きかける二曲目、独善的な解釈は、音楽との恋愛が故に必要とされたものなのかと考えさせられる編集系アヴァンギャルドノイズグラインドの三曲目、物音等により侍が、幼児退行願望と女性変身願望をチャンプルーされた筈であるサイケの4曲目、幸福への痛みを表現したかったであろうが結果、意味不明系センチメロディック・ダダな5曲目、歴史的アニメ映画の主題歌に余りにも大胆な解釈と解体再構築を施したカヴァー曲を盛り込んだ20分超にも渡る荘厳なサイケプログレッシブノイズ組曲である6曲目まで、リスナーの聴覚に甘く危うい恋の罠を仕掛ける全6トラック64分。  大作指向の曲が多く長尺のトラックが続くが、その内容はバラエティに富んでおり最後まで不思議と通して聴ける構造になっていることも特筆すべき点と言えよう。  本木の手がけた秀逸なフルカラー3面見開きのアートワークも見所の一つ。 恋風の音楽補完計画が今ここに成就される! 恋風(こいかぜ)ーーーーーーーーーーー  ノイズ周辺のシーンで以前から各々で活動を続けていた二人のアーティストが出会い、形骸化する現在の「ノイズ」への疑問を感じていたことをきっかけに、「脱ノイズ的アプローチと両者の趣味であるオタク文化を唄ものとしてまとめ上げる」という様なゆるいコンセプトで立ち上げられたスペシャルユニット。制作が進むにつれぐらつくコンセプトを持ち前の駄駄イズム的ドンマイ魂で支え、2年間の時を経てようやくアルバムリリースとなった。  その音楽性は、これまでの音楽/非音楽を問わず多種多様なジャンルの音をサンプリングや演奏手法として取り入れたうえで独自の感性でミックスしており、既存のジャンルに収まらない強いて言うならば編集系アヴァンギャルドサイケノイズ歌謡たるもので、実験音楽の新たな方向性を示すユニットであった。  残念な事にアルバム1枚だけのスペシャルユニットの様だが二人は今後も各々の活動を続けて行くというから楽しみである。 メンバー: ○まる山 前世紀末より宅録でノイズ制作を始める。ヴァリエーションズ・オブ・セックス名義で電雑とドッツマークよりそれぞれ二枚のアルバムを発表後迷走を続ける。「恋風」終了後一旦活動停止。現在は名前を本名の「まる山まる子」に戻し一人編成のロックバンドとして一切の編集行為を放棄、全楽器生の即興演奏に再生を賭けている。理由は「死んだ様に生きるのはイヤだから」。 それにしても今、七夏と耕四郎はどうなっているのでしょうか?そして千鳥は... ○本木克昌 音楽を愛しすぎた男。2003年頃から録音活動を本格的に開始し、様々なユニット名で地道なペースながらインパク値の高い作品を発表し続けている。2005年頃から、こちらもマイペースながら音楽という表現形態にこだわらず、総合芸術的なバカパク値の高いライヴをやり続けている。性格は生まれついての外れ者、ややズレた感覚の持ち主。つまりアウトサイダーアーティスト的な側面もある。目先の評価にとらわれず、本能の赴くままに任務を遂行するという表現に対する妥協無き姿勢は、簡単に言えばアナーキーそのもの。私の表現には常に獣臭が付きまとう。つまりマジなのである。  近年では、俺はいつだって攻めてる奴が好きだぜという、より突っ込んだ表現を目指した結果コミニュケーションアート的な色を強め、必然的に「コミュニケーションって何?」「表現って何?」「音楽って何?」といった極めて根本的な疑問、つまりアヴァンである事のポップさを示唆している。 以下本人談ーーーーーーー  最近は良い悪いの問題じゃない、やるかやらないかだ!くらいの(笑)覚悟でやらなくちゃいけないように感じてますね。特にライヴは。あくまで理想ですが、他人にどう思われようがどんな手を使ってでも面白いものにしてやるというつもりでいます。そうでなきゃ俺みたいな才能の無い奴の表現なんて箸にも棒にも引っかからないですよ。  最後に皆さんへ言いたいことがあります。 「笑えばいいと思うよ」  Special coraboration unit of Marco Maruyama(a.k.a.VARIATIONS OF SEX) with Katsumasa Motoki(japanese under ground artist). A theme of this album is a "song" and "escape from a established noise".Maruyama?fs singing voice such as the Kiyoshi Mizutani(Les Rallizes Dabstructly harsh noise,Motoki?fs Surreal collage and voice performance... EXTREME, but NEWEST style of pop music!
¥1,500 SOLD OUT
肉奴隷 (Nikudorei)- CHAIN OF EVIL DEAD 非限定版 (CD)
肉奴隷 (Nikudorei)- CHAIN OF EVIL DEAD 非限定版 (CD)
00年代より精力的な活動を続ける国内NOISE GRINDの古参、"肉奴隷"。AxCxや7MINUTES OF NAUSEA等のNOISE GRINDの系譜を踏襲しつつHANATARASH.THE GEROGERIGEGEGE等を意識したかのような数々のセンセーショナルなライヴパフォーマンスや、突発的かつ超限定的な自主製作音源群と国内外強力バンドとのスプリット作リリースで存在を知らしめて来た彼の実に8年ぶりとなる単独2ndCD。 近年のライヴや音源で一貫した感情の吐露として示して来た社会と権力に対する嫌悪と憎悪をNOISE GRINDという形式を用いて暴発させるが如く、過剰な衝動性をストレートに打ち出した爆裂狂乱轟音作! 200枚のみ生産の[限定版]と、[非限定版]の2エディションでリリース。 NIKUDOREI is Japan's most famous NOISE-GRIND band active from the 1990s.He is famous almost as same as "GORE BEYOND NECROPSY" in Japan. Okada as a leader, working together with various members(example,vivian slaughter from gallhammer,Kenny sonderson from Facialmess,and more). SENSELESS APOCALYPSE,MELT-BANANA,SLIGHT SLAPPERS GORE BEYOND NECROPSY UNHOLY GRAVE NIKUDOREI support the performance of DISCORDANCE AXIS in Japan in 2001. This CD is a 2nd album of NIKUDOREI,It is the latest CD for the first time in 8 years.Sound style like"ANAL CUNT","THE GEROGERIGEGEGE".Real hate hardcore noise grind!
¥1,129