PAINJERK - Neurotten(LP)

$18.00

Gomi Koheiは1980年代にホームレコーディングの実験を始め、PAINJERKという名で極端な音響に没頭したため、必然的に彼の作品はより広い世界へと広がっていった。90年代半ばには、Gomi Koheiは日本で最も多作で影響力のあるノイズユニットのひとつとなり、極端な音を扱える人なら誰でも、混沌とした渦巻きや狂ったグライムを投げつけるようになりました。PAINJERKは、ジャパニーズ・ノイズの「ダイナミック」なスタイルの代表的人物となり、ノイズ・テープ・レーベルAMPのオーナーとして、90年代に彼の素晴らしいノイズ・プロジェクトのカセットを約50本リリースしている。彼の最も多作な時期にリリースされた作品の中で、Neurottenは間違いなく際立っており、カルト的な地位を獲得し、即座にこのジャンルの古典となった。1996年に録音され、同年にAtrax MorgueことMarco Corbelliによって伝説のSlaughter Productionsからリリースされた。80枚のハンドナンバー入りで、半透明のインサート付きA5ブリキ箔スリーブ、代わりに赤い厚紙のインサートが使用されており、歯医者さんの道具に似た小さな曲がった鉄棒が付属し、今では熱心なコレクターの崇拝対象にもなっている。
その攻撃性は、非常にハイエンドなものであり、容赦なく攻撃的である。音は叩き、殴るよりも切断し、出血させる。A面はGushcoreとTeen-Wreckageの2曲で構成されており、信じられないほどの美しさである。常に流れるノイズの不思議な構成で構成されたレコードのグルーヴが発する音は、オーバーダビングなしのライブ録音に匹敵するものはない。最も硬い岩を最も鋭いダイヤモンドで貫いたような、破滅的で親しみにくいハーシュノイズだ。B面は1曲のみ、23分の構成で、彼の幅広いディスコグラフィーの中でも最も象徴的な楽曲に出会えます。Disembowel。聴覚障害者のボリュームは、決闘、バウンス音構造は、自我をずらし、脳の処理に多くの困難を発生させます。多くの裂け目やカオス、リサイクルされたトランジェントサウンドの脈動、ループ、かすれたスピーカーコーンを破壊できるほど痙攣した形にねじれる消音された高音がある。
この貴重な作品は、Nobuki Nishiyamaの手によってオリジナルDATマスターから修復・リマスターされ、那倉幸一による新しいアートワークとYuko Suzukiによるオリジナルドローイングとともに、わずか299枚のレコードで初リリースされた。

この驚異的なノイズの世界から生まれるパズルの重要なピースがまた一つ目の前に横たわっている。この作品を推薦することは不可能である。

 

Share:

Guaranteed safe checkout

Upsell Products