Language
Language

Pick Up

Punk / Hardcore

Sissy Spacek - Trash Staging(LP)
Sissy Spacek - Trash Staging(LP)
Sample https://app.box.com/s/fviz23x2y868h6gt42gxjwuln6hd637f 皆大好きハーシュノイズグラインダー、我らがSissy SpacekのNEWFORCESから2018年に出た活動20周年記念アルバム。 2018年来日時と同じラインナップ(John Wiese + Charlie Munma)で録音されたまさに鬼などハーシュノイズグラインド。SSのアルバムの中でも特にハーシュノイズっぽい=楽曲っぽくない部類かと思われますが特有の爽快感はこのアルバムにも充満しています。おすすめです! New Forces is proud to celebrate the twentieth anniversary of Sissy Spacek with their latest LP, "Trash Staging." Sissy Spacek have been one of my favorite bands for a long time, with a genre-bending catalog that spans grind, noisecore, collage, tape music, free improvisation, and large ensembles. Throughout, they have injected a frantic intensity into their music that is as addictive as it is unrelenting. "Trash Staging" could not be more perfectly calibrated to what I love most about this band, here consisting of John Wiese and Charlie Mumma. The record takes the "grind" and the "noise" of this project and pushes both to the limit. The A-Side, which plays at 45rpm, unleashes a noisy grindcore assault, the drums blending with the electronics into a massive wall of sound. Feedback, blast beats, and screeching vocals pummel the listener for 5 perfect minutes. This is Sissy Spacek at their most extreme, sure to leave you out of breath. On the B-Side, which plays at 33rpm, the noisy tendencies of this project are taken to their logical conclusion, as they blast the listener with grappling electronics for nearly 20 minutes. Well-deserved comparisons to Pain Jerk and Incapacitants may give you an idea of the sort of noise perfection to be found here. Dynamic and free flowing, this is the sort of noise that can induce a trance-like state at high volumes. For those of you that always want your music louder, faster, and more intense, look no further. This will probably be as close as you're going to get. Your new favorite noise record, and your new favorite grind record, all in one convenient package. "Trash Staging" will be available from New Forces in mid-September.
¥ 2,300
Zeni Geva & Steve Albini ‎– Maximum Implosion(2CD)
Zeni Geva & Steve Albini ‎– Maximum Implosion(2CD)
sample https://soundcloud.com/coldspring/sets/zeni-geva-steve-albini-maximum-implosion ノイズロックバンドZeni GevaとSteve Albini のコラボ作品。CD2枚組。 MAXIMUM IMPLOSION collects all collaborative (and most sought after) pieces between Zeni Geva (KK NULL) and Steve Albini (BIG BLACK / SHELLAC): "Nai-Ha" and "All Right, You Little Bastards!". Also included are bonus tracks from the ultra-limited 12"-only "Superunit", presented with meticulous Cedar mastering by legendary mastering engineer Denis Blackham. On the first CD, Zeni Geva present ultra-heavy Japanese noise rock, with sludgy riffs, thundering feedback, lumbering drums, subhuman bass crawl, and complex noise textures, with KK Null's trademark vocals / unique guitar accompanied by Albini's heavy guitar. "Nai-Ha" loosely translates to "broken inside", with the title track relaying the gruesome aftermath of a car accident. The second CD captures Zeni Geva and Steve Albini's live-to-desk tracks from Tokyo & Osaka in 1992. Albini also makes vocal appearances, as well as guitar throughout. All production and mixing by Steve Albini. Final mastering by Martin Bowes at Cage Studios in England, and presented here in its complete form for the first time on Cold Spring. Presented in a 6-panel double digipak with original artwork/photo by Mitsushiro Hiruma and design/layout by Alonso Urbanos. Steve Albini continued to produce / engineer several albums for Zeni Geva, including 'Desire For Agony' (Alternative Tentacles) and '10,000 Light Years' (Neurot Recordings). Label: Cold Spring ‎– CSR260CD Format: CD, Album, Reissue, Remastered CD, Album, Reissue, Remastered All Media, Compilation Country: UK Released: 05 Oct 2018 Genre: Rock Style: Noise, Alternative Rock, Industrial
¥ 2,000
Forkboy ‎– 1993 - 1999(CD)
Forkboy ‎– 1993 - 1999(CD)
Sample https://kaoskontrol.bandcamp.com/track/detent 1993から6年間活動し3枚のデモを残したフィンランド・オブスキュア・ノイズ・ロックForkboyのディスコグラフィー。デモに加え未発表セッションを収録。 AC/DC、Dead Kennedysへの愛から生まれ、20代の鬱憤に駆られ、猛烈にロックで、ギタギタのギターとフィードバック、象の糞のように重いリズムセクション!90’sフィンランドのパンク/ノイズ/ロックの隠れた逸品。300枚限定。 "A fork is a cold shiny tool / To pierce, tear and ingest / Whoever has the fork in hand / Controls the meal of its choice." The opening lines for the Lard song, "Forkboy" which in turn gave the name for an Oulu-based quartet formed in 1993. Born out of love for AmRep noise, AC/DC, Dead Kennedys and driven by twenty-something angst, Forkboy recorded three demos and one previously unreleased session during their 6 year existence and it's all documented here on one disc. Furiously rocking songs packed with gritty guitars and feedback, rhythm section heavy as an elephant turd and as the band puts it, "lots of shouting". The original recordings have been carefully restored and remastered by Pentti Dassum and the sleeve features original artwork and photos by the band along with liner notes. If you were there during the late 90s noise rock craze or if you have only recently discovered its splendour or if you just have a boner for hidden gems of Finnish punk/noise/rock, this CD is for you! Standard jewel case with full colour sleeve. Limited edition of 300 copies. Label:Arkisto ‎– ARK-01, Kaos Kontrol ‎– K\K 018 Format:CD, Compilation Country:Finland Released:09 Mar 2012
¥ 980
THROAT: SHORT CIRCUIT MCD(CD)
THROAT: SHORT CIRCUIT MCD(CD)
Sample https://kaoskontrol.bandcamp.com/album/short-circuit フィンランドのレーベルKaos Kontrol主宰のJukka Mattilaによるノイズ・インダストリアル・ロックTHROATの6曲入りCDEP2016年作。 Kaos Kontrolと、Pig DestroyerやTriacなどのリリースで知られるバルチモアのレーベルReptilian Recordsの共同リリース。 When a band from far flung Finland drops a recording like this on us, we're all ears, especially when we know damn well the hearing in those ears will be ruined that much further by the recording itself. Throat is a four-piece from the land that held back Russian encroachment for thousands of years, and that same diehard, winter war room mentality is at work on "Short Circuit", recorded by James Vuohi. It's easy and a bit cheap to liken any and all modern noise rock to the Amrep catalog, and even though Throat tips the fur-brimmed hat in that direction, other important short-circuited touchstones include Trance Syndicate, and the early, raw nastiness churned out by both Blast First and Sub Pop, but with more groove, and more loud/quiet/loud/weird/loud dynamics. The lumberjack thud of early Tad, and the spatial bleakness of mid period Neurosis come to mind. Even the strangling abrasion of Big Black and Einstürzende Neubauten. But Finland is Finland. Finland is not Washington State, Berlin, New York or Minnesota. It's even stranger. Full days of light. Full days of darkness. Midnight sun. Noon blackness. A nation and scene at the far edge of the world. It's no wonder "Short Circuit" is as bizarre and hardcore as it is. CD EP in fold-out digisleeve.
¥ 800
非常階段(HIJOKAIDAN)/SISSY SPACEK - エントロピック(ENTROPIC)(CD+Sticker)
非常階段(HIJOKAIDAN)/SISSY SPACEK - エントロピック(ENTROPIC)(CD+Sticker)
"KING OF NOISE"!今年結成40周年を迎えた世界を代表するノイズバンド・非常階段と、昨年[…]dotsmarkのマネジメントにより初来日を果たしたUSブラー・グラインドSISSY SPACEKの初のコラボレーションアルバム。昨年のSISSY SPACEK日本滞在時に録音された非常階段とのコラボレーション、秋葉原GOODMANで行われた両バンドにテンテンコも加えてのセッションに加え、同日の非常階段のソロライヴ、SISSY SPACEKの未発表ソロ音源も同時収録。US盤とは異なるトラックリストで日本盤の登場です。8Pブックレットには坂口卓也氏によるライナーノーツ収録。 購入特典としてステッカー付き。 1.Amok Time(非常階段 x Sissy Spacek) 11:42 2.Seven Directions(非常階段 x Sissy Spacek - テンテンコ参加) 04:47 3.Necro Ton(Sissy Spacek) 29:16 4.Live at Akihabara Club Goodman(非常階段) 29:50 **非常階段 / HIJ0KAIDAN ** **JOJO広重 / JOJO HIROSHIGE (Guitar/Vocal) T.美川 / T.MIKAWA (Electronic sound) JUNKO (Voice) 岡野太 / FUTOSHI OKANO (Drums) 1979年に京都でJOJO広重と頭士奈生樹によって結成された、世界最初&日本最初のノイズバンド。大音量+即興演奏という基本コンセプトのもと、長きに亘ってノイズ演奏を続け「キング・オブ・ノイズ」という異名で国内外に名を知られている。 1980年に頭士脱退後、現在もメンバーであるT.美川が参加、ほかにも多数メンバーが参加し、1980-1982年頃はステージで破壊的なパフォーマンスを展開するライブを行い、国内外に知名度をあげることになる。 幾度かのメンバー変遷後、80年代にJUNKO、2009年に岡野太がメンバーとなり、現在の4人が正式ラインナップとなっている。ゲストミュージシャンとしてナスカ・カー・ナカヤ(Electronics)が参加するバージョンもある。 1982年に発表されたアルバム「蔵六の奇病」はインディーズ史上の名盤であり、ロングセラーを続けている。 海外でのライブ公演も多く、イギリスやアメリカ、イタリアなどからも作品のリリースもある。 2019年、結成40周年を迎えた。 SISSY SPACEK(シシー・スペイセク) 1999年ロサンゼルスで結成されたブラー / グラインドユニット。実験音楽家John Wieseによって設立され、ノイズコア、コラージュ、テープミュージック、フリーインプロビゼーション、ラージスケール・アンサンブル、そしてそれ以外にも、様々な要素を取り入れながら、グラインドコアのバンドして多彩な音楽シーンを超えて活躍を続ける中、多くのメンバーたちが、何年間も経つ間に、バンドに加わり、そして去っていった。このバンドは、数多くのジャンルをまたぐ、そして数多くのメソッドを駆使した30枚以上のフルアルバムを、すでにリリースしている。 過去10年間のシシー・スペイセクは、ライブパフォーマンスで地獄から来たようなグラインドコアの演奏を容赦なく観客に叩きつけるとともに、幅広いジャンルのレコードをリリースし続けている。 2018年には2013年からの編成であるCharlie Mumma (ドラム、2008年よりボーカル) とJohn Wiese (ベース、エレクトロニクス、ボーカル)のデュオで、結成20周年を記念し初の来日を果たした。
¥ 2,160
ANAL VOLCANO / GEROPETORO / KRUELTY - Entrevista con los 3 Asesinos! (CD)
ANAL VOLCANO / GEROPETORO / KRUELTY - Entrevista con los 3 Asesinos! (CD)
Sample https://obliterationrecords.bandcamp.com/album/entrevista-con-los-3-asesinos ANAL VOLCANO / GEROPETORO / KRUELTY 3 x Japanese bands, totally 10 songs. ANAL VOLCANO 謎の覆面集団。メンバーが誰なのか、何人いるのかすら分からない。 様々なバンドのメンバーが関与しているなど色々な噂や憶測が飛び交っているが真相は謎? そんなブルヘリアスタイルを地で行くANAL VOLCANOのサウンドはDISRUPT、ENT等からの影響やビートダウンやパワーバイオレンスの要素も垣間見えるツインボーカルのハードコア。 GEROPETORO ハイスクール時代の仲間と結成された仙台産パワーゴアバンド。結成当初からゴアグラインドのエッセンスとハードコアのアティトュードとのバランスを追求。一筋縄ではいかないSDCHCから学んだ要素を独自に昇華し紋切型の地下カルチャーに徹底応戦のスタンスで活動を続ける。 KRUELTY 2017年結成。ドゥーム〜デスメタル〜ハードコアのすべての要素を取り込んだ激烈暗黒サウンド。 爆音のギターに強烈にリバーブのかかったスネアやボーカル、叩きつけるようなバスドラとベース、そして何より暗いグリーン一色に絞ったステージカラーを武器に度肝を抜くライブパフォーマンスで東京のハードコアシーンのど真ん中で活動。
¥ 1,620
V.A. - 史上最悪オムニバス5FINAL FIGHT(Shijou Saiaku Omnibus5 FINAL FIGHT)(2CDs)
V.A. - 史上最悪オムニバス5FINAL FIGHT(Shijou Saiaku Omnibus5 FINAL FIGHT)(2CDs)
活動終了を宣言した埼玉の名レーベル史上最悪くそレーベルのオムニバスシリーズ最終作。 多分こういう趣のコンピが世に出る事は二度とないだろうなと思うとしんみりしますが内容は最高です。全スカムヘッズ必聴、REMEMBER SSKL.... U.S.A 1-1 –史上最悪くそレーベル2018スタッフ* The Biginning Of The Final Fight 0:12 1-2 –モザイクス* 心まで老いてきた証拠だ 2:58 1-3 –The Aural Prostitutes Pulsewave Disorder 0:53 1-4 –Derkness Wisper = Analchang* Sing For SRVTR Voices 2:16 1-5 –Dustpan 冒涜 2:01 1-6 –もれる* ダンス部がすべて止まって見える 1:14 1-7 –Haigan Hippie Drill Aftercare 3:00 1-8 –ラ・ムスン 浪漫☆ 1:21 1-9 –Omaetoomaenochi Sakugono-Sue 2:56 1-10 –あなるちゃん* + ERT Crosement Lointain 遠い地平線 2:58 1-11 –Big Cock International Rock'n'roll High School 2:00 1-12 –Brown Ratz Ra★menブギー 1:35 1-13 –CDR ライブ Ruby Room 2018,4,12 2:51 1-14 –Conti (6) Metropolis 3:00 1-15 –ヤングリーゼント* かなしみ 3:00 1-16 –嵐山ファッカーズ Fuck2018 1:22 1-17 –硬いとば 不謹慎な音楽をやりたいけどコンプライアンスがなぞ知らぬ 2:58 1-18 –The藁人形* 東武鉄道を懲戒解雇されると言うこと 1:01 1-19 –Raging Blast I Was Born To Play Tonight 2:49 1-20 –Tsuruoka Kazuhito No Is ... 2:59 1-21 –Cunts Kazuko Fukuda 1:53 1-22 –Zombie Rhythm Machine Passenger 2:08 1-23 –Mo*Te Dedicated To Scraps 3:01 1-24 –Outhypnosis Pessimism 1:32 1-25 –Sedem Minút Strachu Final10.5.16 2:13 1-26 –Sleepingbeauty* Rubber Comeback To Me 2:43 1-27 –放屁はショートカットグラインド 一屁入魂 0:19 1-28 –Bossston Cruizing Mania 虚無 In The Park 0:59 1-29 –DJ KPBR Deus Ex Vagina 1:25 1-30 –Pretty Lie 恋の再撮影 2:52 1-31 –Mataro (5) つながらないセレナーデ 2:42 1-32 –Kamahomo Feel The Noise Rape Of Catacombs 3:01 1-33 –Keikichi Kimishima 暑い日 1:33 1-34 –Viviankrist Hilse Til OKD 3:00 1-35 –くるぴの くるぴのメドレー 2:58 1-36 –aBiSyEikAh⊆* Dialogue With My Past Self By Dismantling Self-Introduction 3:00 U.S.S.R 2-1 –道産子アナルX* 5、6本投げつけんだ、木 1:30 2-2 –二階のマウンテン Air 2:11 2-3 –OSG (2) さくらのはな 2:47 2-4 –宙空一派 Live At 外国 0:42 2-5 –Analsticks Analsticksのうた 2:06 2-6 –Furui-Mizu 1970 I Feel Alright 2:42 2-7 –ヒミツの錯乱棒 Vanilla 2:44 2-8 –Softkill a.k.a txqx Eyekawaraznavocla 0:43 2-9 –Her Vomit Is Modern... Go! Go! Vomit Boyz 1:19 2-10 –ゆれつずける 黒田三十六曲 2:53 2-11 –Krippertronixxx IMFIP0.0 1:57 2-12 –Australopithecus (2) Austra Motherfucker! 2:07 2-13 –Yoh-2 I Want A Living Forever 2:54 2-14 –ゲルチュチュ* 山狗 2:43 2-15 –根暗 Aids Master 1:32 2-16 –Freaks Idol Die~Hatch New 3:26 2-17 –ボンクラ ボンクラロール 3:23 2-18 –西之カオティック Born Against 0:55 2-19 –茂山コウタ 人類滅亡 2:35 2-20 –悪霊おばけ With 火曜サスペンス劇場 お岩さんの呪い (0000破壊ギグより) 2:51 2-21 –妄想ゲリラ自慰 も・ま・せ・ろ! 0:43 2-22 –渡辺 (フジヤマ店主)* と 鈴木 (史上最悪くそ代表)* 桜吹雪のサライの空へ 3:04 2-23 –Wellness In Mouth Of Ditch Hot Spicy 1:57 2-24 –Shikaku Tegami 2:22 2-25 –キャットフード食べ男 a.k.a. かちゅねこ 臭い飯より不味い飯 1:11 2-26 –Unruch ・Tuyu To You ・Danse ・Nounasi 2:20 2-27 –Wakava Everything 2:30 2-28 –キング・オブ・ポッチャマ2 ディープリラックスの時代 2:58 2-29 –Xfago Boutokumono No Umi 3:00 2-30 –黄昏番長*, Scum (29) 激突!鮮血の空飛ぶチェインソー ~泣くな、娘よ 心の電波とスカラー波 90分拡大スペシャル~後編 2:05 2-31 –虫酸王 サリパリア 2:04 2-32 –Missanthrøpicana Ascension Power 3:05 2-33 –Pezica Dimension Dub 2:01 2-34 –受容 自己矛盾と偽善の愛 2:48 2-35 –ヤッホーシリアス マッドカリスマ 2:28 2-36 –Napalm Death Is Dead Untitled 0:07 Label:SSKL Japan ‎– SSKL-9999 Format:2 × CD Country:Japan Released:22 Sep 2018
¥ 2,160
Sissy Spacek - Expanding Antiverse (CD+DVD)
Sissy Spacek - Expanding Antiverse (CD+DVD)
本作はUSA/LA発ブラー/グラインド・ユニット"Sissy Spacek"の結成20周年を記念し制作された33枚目のアルバムである。Nuclear War Now!からリリースされる新作と同時期に制作された本作はグラインドとノイズの最も強烈な要素を取り入れた意欲作。テープマニピュレート、ノイズなど実験的手法をふんだんに取り入れ、曲のメソッドとしてで無く音そのものでグラインドコアにアプローチするような激しい音塊と怒濤の展開はノイズグラインド/グラインドコアの可能性を更新し続けるバンド=Sissy Spacekの希有なオリジナリティを存分に示している。 DVDにはSara Taylor(Youth Code), Aaron Hemphill (Liars), Mike Dubose (Raw Nerv es, Superbad)参加時のライヴフッテージやリハーサル、ギャラリーでの破壊パフォーマンス等様々な秘蔵映像を70分超収録。パフォーマンスアート"THE HATERS"を参照したJohn Wieseデザインによるアートワーク、紙ジャケゲートフォールド仕様。 Sissy Spacek: 1999年ロサンゼルスで結成されたブラー / グラインドユニット。実験音楽家John Wieseによって設立され、ノイズコア、コラージュ、テープミュージック、フリーインプロビゼーション、ラージスケール・アンサンブル、そしてそれ以外にも、様々な要素を取り入れながら、グラインドコアのバンドして多彩な音楽シーンを超えて活躍を続ける中、多くのメンバーたちが、何年間も経つ間に、バンドに加わり、そして去っていった。このバンドは、数多くのジャンルをまたぐ、そして数多くのメソッドを駆使した30枚以上のフルアルバムを、すでにリリースしている。 過去10年間のシシー・スペイセクは、ライブパフォーマンスで地獄から来たようなグラインドコアの演奏を容赦なく観客に叩きつけるとともに、幅広いジャンルのレコードをリリースし続けている。 今回は2013年からの編成であるCharlie Mumma (ドラム、2008年よりボーカル) とJohn Wiese (ベース、エレクトロニクス、ボーカル)のデュオで、結成20周年を記念し初来日する。 This album has been recorded to celebrate the 20th anniversary of the Los Angeles blur/grindcore unit "Sissy Spacek", as its 33rd release. This bold undertaking, including intense grind and noise elements, was recorded at the same time as the new album being released from Nuclear War Now! Productions. In a characteristic display of Sissy Spacek's continuous original developments of the potential in noise-grind and grindcore music through raging waves of sound, this album generously implements tape manipulations, noise, and other experimental techniques, not as methodical features of the songs, but by using sound itself to approach grindcore. The DVD includes over 70 minutes of rare footage, such as the live performance with Sara Taylor (Youth Code), Aaron Hemphill (Liars), Mike Dubose (Raw Nerves, Superbad), rehearsal, and a Destructive gallery performance. The gatefold disc cover includes artwork referencing the performaofnce art "The Haters" as designed by John Wiese. Sissy Spacek: A blur/grind unit formed in 1999 in Los Angeles. Established by experimental musician John Wiese, various members have entered and left the band throughout the years as it overlapped different scenes, considering itself a grindcore band while employing noisecore, collage, tape music, free improvisation, large-scale ensembles, and more. The band has already released more than 30 full albums, within different genres and methods. During live performances, Sissy Spacek, in the last 10 years, has been an unrelenting hellish grindcore assault, while releasing a wide variety of genres in their records. Since 2013, the band has been a duo with Charlie Mumma (drums, and vocals since 2008) and John Wiese (bass, electronics, vocals), and is coming to Japan for the first time to celebrate its 20th anniversary. CD 01. Cacti 02. Machine Abstraction 03. Arrow 04. Turner 05. Hoping Off 06. War Bonnet 07. Pre-Approved 08. Scramble Suit 09. Bleached 10. Mk II 11. Coupling Type 12. Prize Closet/ 1 13. Three Listed Actions 14. Sympathectomy 15. Lane Splitting 16. Mixed Message 17. Handgun 18. BPHF 19. California Sleep 20. W.A.M. 21. Closed To Interpretation 22. Limit Cycle Attractor 23. Spalling 24. Spike 25. Unraveling 26. Alphabetic 27. Run-On Line 28. Rejet 29. Blind Take/ 1 30. Alliterative Verse 31. Blind Take/ 2 32. Time Of Waste 33. Asylum 34. Pineapple Fragmentation 35. Painted Red 36. Variant 37. Seeded Fruit 38. Closed Couplets 39. Prize Closet/ 2 Total Time: 34:56 Bonus DVD 01. Live At The Handbag Factory 02. Live At Human Rescources 03. Reh 2014 04. Mata Gallery 05. Stacking 06. Live At The Smell 07. Live In Oakland 08. Live At Berserktown 09. Live On WFMU Total Time: 76:05
¥ 2,000
WORLD - WORLD (CD)
WORLD - WORLD (CD)
90年代大阪グラインドシーン(GRIND OSAKA)を中心に存在を示し、今なお語り継がれるノイズグラインドバンド"WORLD"初の音源編集盤。 代表的なリリース作である"Why Who What"(1st solo EP /1995)、 "Why Nobody Understand"(Split EP w/YesMeansYes /1997)、 "SPACE"(2nd solo EP /1998)、 "NEW WORLD"(Split EP w/Cripple Bastards /1999)の他、  "DEMO 1995"(cassette / 1995)そして "Snarl Out 7" Compilation"(EP/1997)、 "V.A.19.1.17.5.46 - 1:41"(Cassette/1995)、 "V.A.PAINKILLER PRESENTS 2000 OSAKA WAR"(CD/2000)参加トラックを収録。 原浩一氏による全曲リマスタリング、メンバー監修の16頁ブックレット封入。 デビューから20年を越え未だフォロワーの発生すら許さない特異かつ孤高のパンク・バンドの悪意の結晶、今ここに甦る! Track: 1. DEMO 1995 - 4:53 2. WHY WHO WHAT - 4:03 3. WHY NOBODY UNDERSTAND? - 2:51 4. NEW WORLD - 4:18 5. SPACE SIDE A - 5:56 6. SPACE SIDE B - 3:28 7. Snarl Out 7" Compilation - 1:32 8. V.A.19.1.17.5.46 - 1:41 9. V.A.PAINKILLER PRESENTS 2000 OSAKA WAR -6:48 Total Time: 32:27 WORLD: VOX : kovLA THROAT : HIROSHI “tama” ZEN DRUMS : AONO TADAHIKO ex.Member DRUMS : KANAME (WHY WHO WHAT) 1993年結成、1995年京都舞鶴にてライヴデビュー。 グラインドコアバンドとしてスタートしつつ自作のノイズマイク開発、テープコラージュなど多様な実験的手法を取り入れ活動。 1998年、EP"NEW WORLD"で悪意の完成を迎える。 1999年、預言された世紀末の訪れに伴いHIROSHI “tama” ZEN脱退、悪意/闇/地獄をぶっ放して活動停止。 2018年、難波BEARSで19年振りにライヴ活動を再開。 RELEASE PARTY: 9/15(土)大阪・難波BEARS 出演:WORLD/SISSY SPACEK(USA)/SOLMANIA 9/16(日)東京・小岩BUSHBASH 出演:WORLD/SISSY SPACEK(USA)/cunts/ENDON/TEXACO LEATHERMAN/CARAMBA x 黒電話666/ DJ:BLACKSHEEP CREW - COGEE,SUNGA,MJ,UG KAWANAMI Catalogue Number: OOO-34/死の六 Label: [...]dotsmark / 死体カセット
¥ 2,000