Language
Language

Pick Up

Punk / Hardcore

Forkboy ‎– 1993 - 1999(CD)
Forkboy ‎– 1993 - 1999(CD)
Sample https://kaoskontrol.bandcamp.com/track/detent 1993から6年間活動し3枚のデモを残したフィンランド・オブスキュア・ノイズ・ロックForkboyのディスコグラフィー。デモに加え未発表セッションを収録。 AC/DC、Dead Kennedysへの愛から生まれ、20代の鬱憤に駆られ、猛烈にロックで、ギタギタのギターとフィードバック、象の糞のように重いリズムセクション!90’sフィンランドのパンク/ノイズ/ロックの隠れた逸品。300枚限定。 "A fork is a cold shiny tool / To pierce, tear and ingest / Whoever has the fork in hand / Controls the meal of its choice." The opening lines for the Lard song, "Forkboy" which in turn gave the name for an Oulu-based quartet formed in 1993. Born out of love for AmRep noise, AC/DC, Dead Kennedys and driven by twenty-something angst, Forkboy recorded three demos and one previously unreleased session during their 6 year existence and it's all documented here on one disc. Furiously rocking songs packed with gritty guitars and feedback, rhythm section heavy as an elephant turd and as the band puts it, "lots of shouting". The original recordings have been carefully restored and remastered by Pentti Dassum and the sleeve features original artwork and photos by the band along with liner notes. If you were there during the late 90s noise rock craze or if you have only recently discovered its splendour or if you just have a boner for hidden gems of Finnish punk/noise/rock, this CD is for you! Standard jewel case with full colour sleeve. Limited edition of 300 copies. Label:Arkisto ‎– ARK-01, Kaos Kontrol ‎– K\K 018 Format:CD, Compilation Country:Finland Released:09 Mar 2012
¥ 980
THROAT: SHORT CIRCUIT MCD(CD)
THROAT: SHORT CIRCUIT MCD(CD)
Sample https://kaoskontrol.bandcamp.com/album/short-circuit フィンランドのレーベルKaos Kontrol主宰のJukka Mattilaによるノイズ・インダストリアル・ロックTHROATの6曲入りCDEP2016年作。 Kaos Kontrolと、Pig DestroyerやTriacなどのリリースで知られるバルチモアのレーベルReptilian Recordsの共同リリース。 When a band from far flung Finland drops a recording like this on us, we're all ears, especially when we know damn well the hearing in those ears will be ruined that much further by the recording itself. Throat is a four-piece from the land that held back Russian encroachment for thousands of years, and that same diehard, winter war room mentality is at work on "Short Circuit", recorded by James Vuohi. It's easy and a bit cheap to liken any and all modern noise rock to the Amrep catalog, and even though Throat tips the fur-brimmed hat in that direction, other important short-circuited touchstones include Trance Syndicate, and the early, raw nastiness churned out by both Blast First and Sub Pop, but with more groove, and more loud/quiet/loud/weird/loud dynamics. The lumberjack thud of early Tad, and the spatial bleakness of mid period Neurosis come to mind. Even the strangling abrasion of Big Black and Einstürzende Neubauten. But Finland is Finland. Finland is not Washington State, Berlin, New York or Minnesota. It's even stranger. Full days of light. Full days of darkness. Midnight sun. Noon blackness. A nation and scene at the far edge of the world. It's no wonder "Short Circuit" is as bizarre and hardcore as it is. CD EP in fold-out digisleeve.
¥ 800
非常階段(HIJOKAIDAN)/SISSY SPACEK - エントロピック(ENTROPIC)(CD+Sticker)
非常階段(HIJOKAIDAN)/SISSY SPACEK - エントロピック(ENTROPIC)(CD+Sticker)
"KING OF NOISE"!今年結成40周年を迎えた世界を代表するノイズバンド・非常階段と、昨年[…]dotsmarkのマネジメントにより初来日を果たしたUSブラー・グラインドSISSY SPACEKの初のコラボレーションアルバム。昨年のSISSY SPACEK日本滞在時に録音された非常階段とのコラボレーション、秋葉原GOODMANで行われた両バンドにテンテンコも加えてのセッションに加え、同日の非常階段のソロライヴ、SISSY SPACEKの未発表ソロ音源も同時収録。US盤とは異なるトラックリストで日本盤の登場です。8Pブックレットには坂口卓也氏によるライナーノーツ収録。 購入特典としてステッカー付き。 1.Amok Time(非常階段 x Sissy Spacek) 11:42 2.Seven Directions(非常階段 x Sissy Spacek - テンテンコ参加) 04:47 3.Necro Ton(Sissy Spacek) 29:16 4.Live at Akihabara Club Goodman(非常階段) 29:50 **非常階段 / HIJ0KAIDAN ** **JOJO広重 / JOJO HIROSHIGE (Guitar/Vocal) T.美川 / T.MIKAWA (Electronic sound) JUNKO (Voice) 岡野太 / FUTOSHI OKANO (Drums) 1979年に京都でJOJO広重と頭士奈生樹によって結成された、世界最初&日本最初のノイズバンド。大音量+即興演奏という基本コンセプトのもと、長きに亘ってノイズ演奏を続け「キング・オブ・ノイズ」という異名で国内外に名を知られている。 1980年に頭士脱退後、現在もメンバーであるT.美川が参加、ほかにも多数メンバーが参加し、1980-1982年頃はステージで破壊的なパフォーマンスを展開するライブを行い、国内外に知名度をあげることになる。 幾度かのメンバー変遷後、80年代にJUNKO、2009年に岡野太がメンバーとなり、現在の4人が正式ラインナップとなっている。ゲストミュージシャンとしてナスカ・カー・ナカヤ(Electronics)が参加するバージョンもある。 1982年に発表されたアルバム「蔵六の奇病」はインディーズ史上の名盤であり、ロングセラーを続けている。 海外でのライブ公演も多く、イギリスやアメリカ、イタリアなどからも作品のリリースもある。 2019年、結成40周年を迎えた。 SISSY SPACEK(シシー・スペイセク) 1999年ロサンゼルスで結成されたブラー / グラインドユニット。実験音楽家John Wieseによって設立され、ノイズコア、コラージュ、テープミュージック、フリーインプロビゼーション、ラージスケール・アンサンブル、そしてそれ以外にも、様々な要素を取り入れながら、グラインドコアのバンドして多彩な音楽シーンを超えて活躍を続ける中、多くのメンバーたちが、何年間も経つ間に、バンドに加わり、そして去っていった。このバンドは、数多くのジャンルをまたぐ、そして数多くのメソッドを駆使した30枚以上のフルアルバムを、すでにリリースしている。 過去10年間のシシー・スペイセクは、ライブパフォーマンスで地獄から来たようなグラインドコアの演奏を容赦なく観客に叩きつけるとともに、幅広いジャンルのレコードをリリースし続けている。 2018年には2013年からの編成であるCharlie Mumma (ドラム、2008年よりボーカル) とJohn Wiese (ベース、エレクトロニクス、ボーカル)のデュオで、結成20周年を記念し初の来日を果たした。
¥ 2,160
ANAL VOLCANO / GEROPETORO / KRUELTY - Entrevista con los 3 Asesinos! (CD)
ANAL VOLCANO / GEROPETORO / KRUELTY - Entrevista con los 3 Asesinos! (CD)
Sample https://obliterationrecords.bandcamp.com/album/entrevista-con-los-3-asesinos ANAL VOLCANO / GEROPETORO / KRUELTY 3 x Japanese bands, totally 10 songs. ANAL VOLCANO 謎の覆面集団。メンバーが誰なのか、何人いるのかすら分からない。 様々なバンドのメンバーが関与しているなど色々な噂や憶測が飛び交っているが真相は謎? そんなブルヘリアスタイルを地で行くANAL VOLCANOのサウンドはDISRUPT、ENT等からの影響やビートダウンやパワーバイオレンスの要素も垣間見えるツインボーカルのハードコア。 GEROPETORO ハイスクール時代の仲間と結成された仙台産パワーゴアバンド。結成当初からゴアグラインドのエッセンスとハードコアのアティトュードとのバランスを追求。一筋縄ではいかないSDCHCから学んだ要素を独自に昇華し紋切型の地下カルチャーに徹底応戦のスタンスで活動を続ける。 KRUELTY 2017年結成。ドゥーム〜デスメタル〜ハードコアのすべての要素を取り込んだ激烈暗黒サウンド。 爆音のギターに強烈にリバーブのかかったスネアやボーカル、叩きつけるようなバスドラとベース、そして何より暗いグリーン一色に絞ったステージカラーを武器に度肝を抜くライブパフォーマンスで東京のハードコアシーンのど真ん中で活動。
¥ 1,620