Language
Language

Pick Up

Zine / Goods / APPAREL

Amplified Humans Festival / Uplink Screening Edition - (Tshirt)
Amplified Humans Festival / Uplink Screening Edition - (Tshirt)
2016年9月にUSAオハイオ州デイトンで開催された"Ampliried Humans Festival"で当時販売されたTシャツを、渋谷Uplinkでの映像上映を記念して限定復刻!Skelton Dust Records完全協力のもとオリジナルデータにUplinkの開催情報を追記したこの日の為のデザインとして生まれ変わっています。 Body: Printstar Size: S / M / L / XL ※画像はイメージです。実際の商品とは色味が異なる場合があります。 「地域とノイズ」第1回|特集:USノイズ・フェス「AMPLIFIED HUMANS FESTIVAL」 (トーク出演:Kazumoto Endo、Kenny Sanderson、Kazuma Kubota、ystk hrn) 日時7月2日(月)19:00開場/19:30開演 料金一律¥1,500(1ドリンク付き) 会場渋谷UPLINK FACTORY(1F) -現代アメリカのノイズ音楽シーンの一端をとらえたライブ映像集を解説付きで上映- 2016年夏、アメリカ合衆国オハイオ州の都市デイトンで2日間に渡り開催されたノイズミュージック・フェスティバル「AMPLIFIED HUMANS FESTIVAL」。その模様を記録した(総勢24組の出演者たちの演奏がフルセットで収録されている)2枚組DVDがレーベルSkeleton Dust Recordsからリリースされました。現行のノイズミュージックが宿る場所に注目し、その紹介を目的とする新イベントシリーズ「地域とノイズ」の第一回は、同DVDを劇場公開版として90分に再編集したバージョンを、このフェスにヘッドライナーとして参加した日本の3人のアーティストたち── Kazumoto Endo(KILLER BUG)、Kazuma Kubota、Facialmess ──のトーク付きで上映します。
¥ 2,000 SOLD OUT
Limited Edition "NOISE" (Long Sleeve T-Shirt)
Limited Edition "NOISE" (Long Sleeve T-Shirt)
2019/12/7(金)@新大久保EARTHDOM "STAR DEATH CRUSH"会場限定で発売した田巻裕一郎制作のロングスリーブTシャツ、在庫品のみ通販開始しました。各色サイズに限りありますのでご了承下さい。 合計4つの版を用いフロントネック/バック/右袖/インナーに作家本人の手でプリントを施します。 ボディブランド: GILD-T2400-GY ボディカラー: WHITE, BLACK, PURPLE, SAFETY ORANGE, SAFETY GREEN サイズ: S,M,L,XL,XXL 制作:田巻裕一郎 ------------- "STAR DEATH CRUSH" 渋谷慶一郎(ATAK) 中原昌也(HAIR-STYLISTICS) 那倉太一(ENDON) DJ: MOODMAN VJ: rokapenis 日時:2018.12.7(金) 会場:新大久保EARTHDOM 開場 : 19:00 開演 : 19:30 前売 : ¥3,000当日 : ¥3,500 (ドリンク別) 前売発売日:e+またはEARTHDOM店頭にて 日本の先端音楽を代表する3者の初のコラボレーションライヴ決定! 音楽レーベル「ATAK」を主宰し、ボーカロイド・オペラ「THE END」他数々の作品で知られる音楽家渋谷 慶一郎。ノイズミュージックユニット「HAIR - STYLISTICS」として、また文筆家/画家/コラージュ作家として幅広い活動を続ける中原 昌也。世界最高峰のノイズバンド「ENDON」のフロントマン那倉 太一。 世界的に注目を集め続ける上記3者による初めてのコラボレーション・ワンマン・ライヴ! DJにMOODMAN、VJにrokapenisという東京ナイトシーンに欠かせない2者が華を添える。 フライヤーデザインは大友克洋等数々のコラボレーションで知られるコラージュアーティスト河村康輔。 当日は現代美術家/シルクスクリーンアーティストの田巻裕一郎による限定イベントシャツの販売も決定。 会場は日本のハードコア / エクストリームミュージックの名門・新大久保EARTHDOM。 電子音楽/現代美術/ノイズミュージック/エクストリームミュージック / ハードコア / クラブミュージックのボーダーを現行感覚で乗り越え、平成最後の年に歴史を一歩動かす夜となるだろう。 主催:[...]dotsmark 協力:TOKYODIONYSOS
¥ 4,000
V/A Night Science III (zine + CD)
V/A Night Science III (zine + CD)
オーストラリアCipher productions発行のノイズジン。 Night Science is back with its biggest and boldest issue yet: a perfect-bound 104 page 'zine and a full-length CD of exclusive material featuring: Prurient - in-depth interview, historical photographs and two disparate tracks: a turgid piece of cut-up urgency and a live track of pure feedback destruction; Edwige - all members are interviewed and the CD contains a new 10 minute track with a more menacing, industrial approach than to their Segerhuva LP; Yellow Cab - Michio's first CD appearance in, what, 10 years? Old school Japanese noise which bristles with vibrancy and a quick chat from Mr. Vanilla Records; Romance - lengthy interview with this newer British noiser and a fine track of punishing, dichotomous harshness; Astro - Hiroshi Hasegawa explores his incredible history in experimental music and delivers up a unique piece of Astro majesty from the same sessions as the 'Shell Star/Spica' masterpiece; Defektro - Australia's newest noise arrival (ex-Japan) on all things mechanical and three pieces of robotic/electronics mayhem; Armenia - this unstoppable noise machine delves into his noise past and rounds the CD out with 10 minutes of pure screech; and Abisko - Tommy Carlsson discusses his latest label venture. This 'zine also features reviews of over 185 noise titles covering the last couple of years, an invaluable insight into those you missed, those you've ignored and those you've yet to experience. Limited to 500 copies.
¥ 1,500 SOLD OUT