Language
Language

Pick Up

Bands/Artists in JAPAN

preparationset - perception(CD)
preparationset - perception(CD)
preparationset が結成から12年目に発表する初の単独作にしてフル・アルバム! ! ! ! 茨城を拠点に活動するpreparationsetが、2008年の結成から12年目に発表する初の単独作にしてフル・アルバ ム。東京・落合 soupへのベネフィット楽曲「stagnant」、東京・新大久保 EARTHDOM支援コンピレーション 『2020,the Battle Continues』への参加曲「sound check」を含む全5曲。 preparationsetの音楽は、端的に言えばレゲエ/ ダブにカテゴライズされるものです。筋金入りの(文字通りハードコアな)セレクター/ コレクターを擁するがゆえ、玄人好みのディティールを見出すのも容易でしょう。 にもかかわらず、当初から“レゲエ/ ダブを演奏するため"に組織された集団ではありません。各々の独立した知覚と洞察がレゲエ/ ダブの肖像となって現出する瞬間そのものこそ、このパックをpreparationsetという楽団たらしめています。 録音芸術のスタイルとして確立されたダブをリアルタイムのパフォーマンスに投入するため、ミキシング・エ ンジニアの作家性をステージにまで引き込んだライヴ・ダブの手法が生まれて久しい現在においても、バッテリーがフロントでその責を担うバンドは特異でしょう。フロアを液状にするヘヴィウェイトなベース、クリーピーなミストを空間に充填するギター、チルと不穏が紙一重の鍵盤。総じてコールドな質感。そのバックグラウンドには、ハードコア・パンク、ヒップホップ、ジャズ、ノイズ、アンビエントのみならず、あらゆる興味が作用しています。つまりはポストパンク/ ニューウェイヴ期におけるレゲエ/ ダブのアヴァンギャルドと同質の組成であって、決して最新の現象ではないものの、ノスタルジックな“再現"とは明らかに趣が異なります。その違いはバンドの成立過程に由来するものでしょう。 アルバムは東京におけるホームのひとつ、落合 soupにて空間現代、NISENNENMONDAIらを手がける noguchitaoruのエンジニアリングで録音を敢行。ミキシングはつくばの楽器店/ スタジオ「Music Plant」の大谷巧、土浦のサウンド「JACK KNIFE」に所属するDJ/ プロデューサー/ エンジニア・kanata labとのコオペレート。マスタリングは、“夏の大△"の一員、ソロの演奏家/ 美術家としてのみならず、角銅真実や正直(小林 椋 + 時里充)らを送り出したレーベル「Basic Function」のファウンダーとしても知られ、アキツユコ、池間由布子、NRQ、王舟、PALE COCOON、柴田聡子などの作品を手がけるエンジニアでもある大城 真。既発曲「stagnant」「sound check」も大城の手で新たにマスタリングされています。EARTHDOMでのライヴ・フォトをあしらったアートワークは、デザイナー・OSUSIによるもの。 Credit - Recorded by noguchitaoru at Ochiai soup 05.26.2019<.br> Mixed by Takumi Otani (Music Plant), kanata lab and preparationset. Mastered by Makoto Oshiro. Produced and arranged by preparationset. Design by OSUSI<.br><; br>kutchan | keyboard, siren. SEXY SAD I | guitar. SIVA | bass. yoshitsugu | drums, live processing. Twitter | @PRST_OFFICIAL Facebook | @IP333 アーティストについて 2008年の結成以降、茨城を拠点に活動。AIWABEATZ、BREAKfAST、BUTCHER ABC、COFFINS、THE DEAD PAN SPEAKERS、ECD、FRAMTID、灰野敬二、I DON'T CARE、Kenny Knots、KILLER-BONG、 L?K?O、永田一直、DJ NOBU、思い出野郎Aチーム、O.N.O(THA BLUE HERB)、RANKIN TAXI、SxOxB、 she luv it、柴田聡子、SOUL DIMENSION、SOUL FIRE、spike shoes、SUPER DUMB、UNHOLY GRAVEらと の共演を重ね、2012年には御大・Lee `Scratch' Perryのオープナーを務めている。 SEXY SAD IはDJ / トラックメイカーとしてヒップホップのフィールドでも活躍。ハードコア・バンドでのプ レイ経験を持ち、オーセンティックなスカ / ロックステディ、レゲエ / ダブのセレクターでもあるSIVAと、伊東篤宏、黒電話666、那倉太一と組んだLETTERSでも活動するyoshitsuguは、共にサウンド「BARAK」に所属。 kutchanのライフワークはアングリング。 2012年にZENOCIDEとのスプリット10′′ヴァイナルをリリース。2015年にはANAL VOLCANO、CARRE、 CHAOSMONGERS、ENDON、FILTHY HATE、INCAPACITANTS、ISTERISMO、ZENOCIDEと共に那倉太一 (ENDON)主宰レーベル「G.G.R.R.」のコンピレーション・アルバム『TOKYODIONYSOS』に参加。2020 年、1stフル・アルバム『perception』を「AVE | CORNER PRINTING」よりリリース。
¥ 2,200
Dave Skipper - Elijah(CD)
Dave Skipper - Elijah(CD)
『世界を発振させるクリスチャン・ハーシュ・ノイズ……』 2020年を締めくくる一枚は、英国出身で日本在住の現役キリスト教宣教師、デイヴ・スキッパーによる初のコンセプト・ノイズ・アルバム『エリヤーフ』。真正面から旧約聖書に向き合い、ショッキングながら極めて緻密なスピリチュアリズムに裏付けられた、ハーシュ・ノイズの黙示的神品! COVID禍中2020年のオメガなる一枚は、日本で活動する現役のキリスト教宣教師で、モジュラー・シンセの伝道者でもあるデイヴ・スキッパーの初アルバム『エリヤーフ』だ。モジュラーや数々の機材を駆使したアブストラクトな電子音と、リアルでフィジカルなコンクレート音を組み合わせて描写されるのは、旧約聖書の一部で古代ユダヤ歴史書のひとつ「列王記」に登場する預言者エリヤ(エリヤーフ)の物語。ただし、ここで聴かれるその音(物語)は、揺るぎないテンションと巧みな構成力に支えられた、紛れもないノイズ・ミュージック。スピリチュアル・ハーシュ・ノイズである。 インダストリアル/ノイズ・ミュージックのあるアスペクトとその出自には、サイケデリックに端を発するペイガニズム~ネオ・ペイガニズムとの親密な関係があり、そこから派生し専らアンダーグラウンドな活動を続ける反語的クリスチャン・ノイズ・ミュージックは世界中に散在する。しかし、その心性/思想性において、このアルバムほどCCM (Contemporary Christian Music)に近似したコンセプチャルで反啓蒙主義的な作品は稀だろう。もっと驚くべきは、その音が一神教や宗教一般にさえ縁遠いジャパノイズ・カルチャーから出現したことだ。ノイズ・ミュージック・ファンだけでなく、ヘヴィ/エクストリーム・ミュージック・ファンにも絶対の強力推薦盤! ■ Track List Shrivelling Land 02.Summon the Prophets! 03.Slashing Flesh While Deities Slumber Soaked Stones Supernatural Fire Slaughter of the Prophets Stormclouds a’Comin’ Superhuman Sinews PART 2: SALVO OF THE ELEMENTS [MOUNT HOREB] Scheming Reprobates / Strength to the Suicidal Cyclonic! Seismic! Scorching! Susurrations of the Almighty Seven Thousand Saints Dave Skipper 英国出身の現役キリスト教宣教師。モジュラー・シンセ伝道者。古代の啓示と現代のハーシュ・ノイズを織りまぜた混交物への集中探査によってパラダイムを打ち砕く、ソニック・タペストリー職人。2010年より東京を中心に活動する。アナログモジュラー機材を中心とした200回以上のライヴ・パフォーマンスをクラブやキリスト教会で展開。“Tokyo Festival of Modular”や”Heavier Than Jupiter”などのイベントを主催し、サイケデリック~ノイズ~アブストラクト──聖書とノイズの関係性を求め研究に邁進中(www.TheWordOnNoise.com)。
¥ 2,200
Jun Morita - Sonus Non Capax Infiniti(CD)
Jun Morita - Sonus Non Capax Infiniti(CD)
『モジュラー・シンセによるソロ・オーケストラ第二巻!』 2020年を締めくくる一枚は、モジュラー・シンセ奏者/DJとして独自一貫の深化を続ける森田潤から届いた待望の2ndソロ・アルバム。マダム・アノニモや山崎春美など豪華ゲストを迎え、78分におよぶ尤なる音楽絵巻を展開する。初回プレス限定ボーナスCD付! COVID禍中2020年のオメガなる一枚は、18年発表の1stソロ・アルバム『L’ARTE DEI RUMORI DI MORTE』が話題となった森田潤による2ndソロ作品『Sonus Non Capax Infiniti』だ。モジュラー・シンセによる即興的自動演奏を核とするソロ・オーケストラに、齡70超の匿名夫人マダム・アノニモ、山崎春美や佐藤薫のほか、フルート奏者Miya、ヴォイスのNadiah Soraitら豪華アーティストを迎え、78分におよぶ音楽絵巻を披露してくれる。超散文的電子音楽として特異な評価を得た前作から、ブレイクビーツ、ハウス、ジャズ、ワールド・ミュージック……をDJメソッドの批評軸で倒錯させるユニークで跛行的なリズム・メイキングと、あらゆる音響要素を変換する媒介子としてのモジュラー・シンセによる音楽的発展を示す本作は、地球的アンチ・オリジナリティにまで昇華されている。 同時に、COVID禍と近代史をテーマにした強烈なトラック「Dancing Pain」と「Modus Vivendi」にも着目してほしい。これは、21世紀に蘇った“激動する20年代”のエポック的作品である。タイトルは、直訳すると“音は無限を含まない”──人間固有の聴覚体験を指している。さらに、初回プレス限定でライブ録音ボーナスCDが付録に! 本編と合わせ全尺150分を超える大作だ。 ■ Track List Serenata (feat. Madam Anonimo) Foment and Ferment Poly-Free Music for Modular Synthesis The First People (feat. Nadiah Sorait) 1925 Der Sturm (feat. Miya) Let There Be Acid Dancing Pain ~ Itami wa odoru (feat. Harumi Yamazaki) Habibi Breaks Modus Vivendi Suite (Kaoru Sato and Jun Morita) Jun Morita, 森田潤: ワールド・ミュージック、ジャズ、エレクトリック・サウンドなどに幅広くコミットするDJとしてクラブやホテルでプレイするほか海外にも遠征。クラブ・ジャズ系”afrontier””Vin Rouge”、ワールド・ミュージック系”地中海ヴァカンス””Midnight Souq””Séduction Tropicale”、エクスペリメンタル系”The Prince of Darkness”、ハウス系”Perfect Love Affair”等、多くのイベントにレギュラー参加。blackmadras名義で楽曲製作も行い、OMAGATOKIやVillage Musicからリミックス作品も発表。レア・ヴァイナル復刻のマスタリング・エンジニアとしても評価され、ホセー・アントニオ・メンデス等の再発盤がベスト・セラーになっている。現在はモデュラー自動演奏に即興を組み合わせたパフォーマンスでもライブ活動中。2018年5月に上演の芥正彦企画/演出によるノイズ・オペラ「カスパー」の音楽を佐藤薫と共に担当。
¥ 2,200
テンテンコ(Tentenko) - Deep & Moistures(CD)
テンテンコ(Tentenko) - Deep & Moistures(CD)
『テンテンコひとり遊戯』 自主レーベル作品から選りすぐった14トラック! ジャンルや空間を自在に往来する愛らしきエレクトロ・ノイズ・ミュータント”TENTENKO”。 ライヴ会場や通販で発表してきた自主制作CD-R作品中でシリーズ化した「Deep & Moistures」から、選りすぐりトラックをテンテンコ本人と佐藤薫がコンパイル! 100%ハンドメイドの風合いと、どこかユーモラスでヒューマンなタッチが大きな魅力だ。無尽蔵のアイデアと無邪気なチャレンジ精神が伝わる全14トラック(含未発表曲) 令和元年のトップを飾るCDリリースの1枚は、新時代のミュータント・ポップを体現するテンテンコによる「Deep & Moistures: The Best of Private Tracks」だ。自主レーベル(テンテン・レコーズ)から毎月発表してきたプライベート作品のCD-Rは、これまでに約50枚のコレクションを形成しているが、中でも15枚以上のシリーズとして人気の高い”Deep & Moistures”から選りすぐった13トラックに、未発表曲を加え全14トラックがコンパイルされたのが本アルバム。鋭い重工業ビートで脳髄に切り込んでくるかと思えば、鼓膜をスルーしたノイズで内臓を刺激したり、人懐こくキャッチーなリフで急所をくすぐる……。歌メインのテンテンコ名義作品やライヴとは異なる趣の収録曲たちは、カシオトーン、リング・モジュレーター、オシレーター、サンプラー、ポータブル・シンセ──などの機材を自ら操って作られ、自宅スタジオで録りためたトラック、ライヴやイベントのために制作した作品などから構成されている。テンテンコの、宅録とライヴの現場というスペースを自由に往き来する活動スタイルと、アーティストとしての柔軟な姿勢が表現された”一家に一枚”の決定盤だ! 『日々変化する”テンテンコ”のイメージの中で、湿っていて深層心理を探る、ひとつ確率された自分。音楽と向き合うための時間と場所。それが「Deep & Moistures」です』 ……TENTENKO 『奇妙な響きと重さ、時に歪を持つこれらの楽曲群が、私には心地よく、切なくも楽しげに聴こえる』 ……伊東篤宏 テンテンコ: 惑星上で最も愛らしいエレクトロ・ノイズ・アイコン──TENTENKO (テンテンコ)。1990年生まれ。北海道出身。身長142cm。 2013年アイドルグループ ”BiS” に加入。2014年のBiS解散とともにフリーランスとして活動開始。歌モノ中心のアイドル的スタイルから、トラックメーカー/DJや電子楽器プレーヤーとして、また伊東篤宏とのユニット”ZVIZMO”での演奏など、様々なフィールドでの活躍をみせる。「90年代からの日本の”インディー霊”を全て背負っている。ヴァリエーションに富んだアヴァンギャルド表現者」などと評され、ジャンルや空間を自由に行き来し聖域なき活動を行っている。
¥ 2,200
V.A. - FLOWERS IN CONCRETE -COMPILATION FOR SOUP-(2CDs)
V.A. - FLOWERS IN CONCRETE -COMPILATION FOR SOUP-(2CDs)
Disc 1 01.Aaron Dilloway "Flesh Falls Away" 02.Being "Lawson" 03.Daniel Menche "Frequency Scraper" 04.Fecalove "Drinking gallons of sweat with shochu" 05.Kiran Arora "Split Neck" 06.Lasse Marhaug "Live at Soup (edit)" 07.Leah P "Slogger" 08.Matmos "GET RHYTHM SOUP MIX" 09.Purgist "Neon Flare" 10.Shredded Nerve "Game of Chance (A Moment Between Life and Death)" 11.SICKNESS "C19-S" 12.Torturing Nurse "2 SOUP" 13.Unsustainable Social Condition "Soap" 14.VOMIR "Untitled for Soup" Disc 2 01.BLACKPHONE666"deaf and dumb" 02.GC SKULL ELECTRONICS"Seibu Chuo Blasphemy -reprise-" 03.Government Alpha"Inscrutable Impatience" 04.Kazuma Kubota"Melodie en Sous-sol" 05.Kazumoto Endo"Immune To Fear" 06.LIKE WEEDS"People Like Us" 07.Linekraft"consume to feed a hunger" 08.P.I.G.S".W.A.R". 09.PAINJERK Wracked and Ruined "See you soon guys" 10.scum "IL hallucination" 11.shikaku "Apathy" 12.T.Mikawa & John Wiese "SP1520" 13.Wolf Creek "Feeling of Imperative Stimmen" Bandcampや各種音楽ニュースサイトで話題の国際ノイズ・ミュージック・コンピレーション! 世界中の先鋭的アーティストがこぞって出演し愛される新宿落合のスペース「Soup」。 コロナウィルスの影響下で営業困難になっている本会場を支援するために過去出演経験のある国内外の新旧アーティストが集結! 実験音楽/ノイズ界の世界的名匠から若手ユニットまで巻き込んだ2枚組CDは最新のノイズミュージックレポートでもあり今ノイズを聴きたいリスナーの入門盤としても最適。 マスタリングエンジニアはNobuki Nishiyama、そしてブックレットにはあのWilliam Benett(WHITEHOUSE/CUT HANDS)執筆によるライナーノーツ掲載! “私が長年にわたって聴いたなかで、最も優れたサウンド・ドキュメントの一つである。" by Eric Wood-BASTARD NOISE Ochiai Soup is much more than a live venue. It is true enigma of safe haven for sound from all over the world to find comfort, pulverizing solace and focus. To those dreaming of playback reproduction accuracy and perfect dynamic range, it is "heaven on earth" to say the least. I have personally experienced this bliss and stress that this is the time like no other when we must rise up together in support of such a priceless institution such as Soup. "Flowers in concrete" (a compilation for Soup) is an astounding, exclusive collection of customized compositions from Japan and international based artists that have come together to do what is right : HELP THIS PRICELESS VENUE ! Disc One (Side International) immediately blindsides with 14 stunning pieces. A variety of sonic approaches which NEED TO BE EXPEIENCED to be believed ! Standouts include BEING (my personal favorite), AARON DILLOWAY, SICKNESS, PURGIST and DANIEL MENCHE however ALL the artists on the first disc offer their own tailor made visions of challenging audio assembly. Exemplary work here by all and highly recommended listening. You can sense everyone took their time strategically and explored their own capabilities ! Disc Two (Side Japan) truly goes for "the creative and imaginative throat" with the most "next level" spectrum sound dynamics artist to artist. The BLACKPHONE666 and GC SKULL ELECTRONICS selections are utterly mind-blowing power. Each of these artists has truly defined themselves beyond description and the gradual maturity of each is critically evident. Top notch material also by GOVERNMENT ALPHA, KAZUMA KUBOTA, KAZUMOTO ENDO, LIKE WEEDS, PAIN JERK, LINEKRAFT, and the phenomenal SCUM really keep things colorized and transcending texturally and with pleasurable agonizing force ! Additional standout Wolf Creek just terrorizes the listener with their closing piece "Feeling of Imperative Stimmen". Excellent vision and attack to be sure. Easily one of THE BEST sound documents I have heard in many, many years ! To be sure, this could become a "book" if I were to discuss in detail all of the contributors here and go into their deep histories as artists and performers but the final word is HELP. HELP for Soup ! This is a massive undertaking of a release and every track within it is a potent "elixir" of individual, untainted expression. Let us all see the light at the end of the tunnel. HELP SOUP. BUY THIS INCREDIBLE RELEASE AND SET YOUR MIND ON FIRE. WOOD/BASTARD NOISE October 31st, 2020
¥ 2,200