Language
Language

Pick Up

[...]dotsmark

RNA - A Taste of...RNA(CD)
RNA - A Taste of...RNA(CD)
[Pre-Order Item] 電子音楽からシンガー・ソングライター、映画・アニメーションのサウンドトラックなど多岐にわたる活動で知られるマルチ・インストゥルメンタリスト石橋英子、非常階段・C.C.C.C.・インキャパシタンツ等日本の重要ノイズバンドを遍歴するノイズ奏者としてまた宇宙エンジン他でギターを手に取ってきたコサカイフミオ、日本インダストリアル・ノイズ史の黎明期より今尚新境地を求め続けるK2こと草深公秀によるスーパー・ノーウェーヴ・バンド”RNA”、エクスペリメンタル・ミュージックの殿堂・六本木SuperDeluxeでの2018年の演奏が音源化!ドラム、ギター、エレクトロニクスによるドラスティックなインタープレイが冷たく白熱する驚異の40分。マスタリングエンジニアには宇都宮泰、アートディレクションは大野雅彦を起用。 ◆略歴 2013年頃、SNSで知り合ったK2草深と石橋英子のコラボ作と、同時期に発表された旧知のF.コサカイと草深とのコラボ作とから全ては始まった。2015年のレコ発で、石橋がDrを、コサカイがGを、草深がelectronicsを演奏する3ピース・バンドが結成された。それがRNAである。RNAは、年に1回だけ集まってライブをすると言う悠長なペースな活動を続けてきている。毎回、打ち合わせなどはなく、その場の空気感で演奏を決めるという特異なスタンスでの即興的演奏は、ノイジーだが、紛れもなくロックであり、ノーウエーブである。
¥2,200
(9/23ON SALE)CONTROLLED DEATH - Selected Evil and Death Works 2018-2019(CD)限定角バッチ付
(9/23ON SALE)CONTROLLED DEATH - Selected Evil and Death Works 2018-2019(CD)限定角バッチ付
CULTURE、アーティスト販売分、一部専門店のみジャケットアートワークの角バッチ付! OOO-38 CONTROLLED DEATH - Selected Evil and Death Works 2018-2019 CD/6Tracks/4Panel Papersleeve 1. Evil Discharge (pt.1&2) 2. Evil Discharge (pt.3&4) 3. Untitled 4. Black Lucifer Rising 5. Death Trip 6. Prayer For a Holy Death CONTROLLED DEATH: Maso Yamazaki aka MASONNA, who started working in 2017 Raw Black Electronics Project. Black Death Noise and Evil Vocalization with a theme of "Death". The sound is filled with a sense of unease and tension are smells of death in the pitch blackness. Recorded in 2018-2019 and released on three international labels in analog format in 2019. The three released titles "Evil Discharge" Flexi (Oxen Records ), "Black Lucifer Rising" Cassette (Deathbed Tapes), "M.A.S.O.N.N.A. / Controlled Death - Compilation of "Split" Cassette (Trapdoor Tapes), plus 2 unreleased songs This is the first time to be recorded on CD. The mastering engineer was a Peace Music's Soichiro Nakamura has been involved in many projects for Japanese underground rock musician such as Yura Yura Teikoku and Boris. The main artwork was done by Jun Konagaya (GRIM). A new direction of Maso Yamazaki, one of the most representative talents of Japanese noise, is budding in a new unit. This is CONTROLLED DEATH's first japanese domestic release. CONTROLLED DEATH: 2017年に活動を開始した山崎マゾ aka MASONNAのロウ・ブラック・エレクトロニクス・プロジェクト。 「死」をテーマとし、ブラック・デス・ノイズ+イーヴィル・ボーカリゼーションによる不穏と緊張感に包まれたそのサウンドは漆黒の闇に死の匂いを放つ。 2018-2019に録音され2019に3つの海外レーベルからアナログフォーマットでリリースされた3作品 "Evil Discharge" Flexi (Oxen Records)、"Black Lucifer Rising" Cassette (Deathbed Tapes)、"M.A.S.O.N.N.A. / Controlled Death - Split" Cassette (Trapdoor Tapes)をコンパイル、更に未発表2曲を収録し初CD化。マスタリングエンジニアにはゆらゆら帝国、Boris等日本のアンダーグラウンド・ロックを数多く手がけるPeace Music・中村宗一郎。メインアートワークは小長谷淳(GRIM)が手がけた。山崎マゾというジャパニーズノイズを代表する才能の新たな方向性が萌芽する新ユニットCONTROLLED DEATH初の国内盤である。
¥1,540 SOLD OUT
Kazuma Kubota - January Thirty + Uneasiness(CD)
Kazuma Kubota - January Thirty + Uneasiness(CD)
Trailer https://youtu.be/oRSmlhDsWN0 "真面目で甘酸っぱい音楽/音。フィルムや小説の短編集に近い感触。今後どうなっていくか聴いてみたいと思わせる作品でした。" - 朝生愛 Post Harsh Noiseの旗手Kazuma Kubotaの現在廃盤となっている代表作品をCD化し2タイトル同時リリース! 本作は2012年にイタリアのレーベルA Dear Girl Called Wendyから限定リリースされたワンサイドLPと、2009年に20部(!)限定でセルフリリースしたEPを1枚のCDにコンパイル。 断続と反復を多用したブレイク感溢れる冷たくも激しいハーシュノイズと穏やかなアンビエントの狭間を揺らぎながら突き進んで行く"January Thirty"、雨音のフィールドレコーディングとギターのアルペジオから幕を開け従前のノイズ観を独自の美意識で更新した意欲作"Uneasiness"。 ともに21世紀以降そして2020年以降のノイズの発展性を占う重要な内容だ。 本再発にあたってはリマスタリングエンジニアにJames Plotkin(ex- Khanate, O.L.D.)を起用。巨匠の手を経て現代仕様のソリッドな音像にアップデートする事に成功した。スリーヴケースに保護されたジャケットにはKubota本人による撮りおろしの風景写真がふんだんに収録された12Pフルカラーブックレットを同梱、Kazuma Kubota独特の世界観を視覚面からも表象している。 国際シーンで人気を獲得し既に各地にフォロワーをも生み出している新たなるノイズ・フォーマットの提唱者として注目すべき作家の隠されたマスターピース、いまここに初の正規流通! "Serious and sour-sweet music/sound. The sensation I felt was close to a film or a collection of short stories. The piece made me curious about how it would develop in the future." – Ai Aso Kazuma Kubota The flag-bearer of the Post Harsh Noise, His famous works up to now that lay the foundation of his present, have been turned into CDs and two titles will be released at the same time! This work is a compilation of the single-sided LP that was exclusively released in 2012 by an Italian label "Dear Girl Called Wendy" and the self-released EP in 2009 with only 20 copies (!) into a single CD. "January Thirty" is a piece that wavers in between the cold and intense harsh noise full of a break feel with a lot of intermittences and repetitions, and the gentle ambient sound, as it moves forward. "Uneasiness" is a piece with a strong drive that starts with a field recording of the sound of the rain and guitar arpeggio then moves on to update the conventional noise perspective with its unique notion of beauty. Both have the critical element in foreshadowing the development of noise after the 21st Century and after 2020. For these reissues, we selected James Plotkin (ex- Khanate, O.L.D.) to be the remastering engineer. With the skill of the master, the music's update into a modern style solid audio/sound image was successful. The jacket protected by a sleeve case also contains a 12-page full-color booklet that contains many photographs of sceneries that Kubota himself has taken. Kazuma Kubota's unique worldview has been expressed from visual aspects as well. He is the advocate of a new noise format that has been gaining popularity internationally, with many followers already in various regions. The hidden masterpiece of such an artist that people should focus on !
30%OFF ¥1,540
Kazuma Kubota -A Sense Of Loss (CD)
Kazuma Kubota -A Sense Of Loss (CD)
Trailer https://youtu.be/oRSmlhDsWN0 “さらに昇華したカットアップノイズの復興を告げる基本資料。クボタの鋭く研ぎ澄まされた作品はどれも、多くのアーティストがその生涯をかけても生み出せないほどのアクションやアイデアに満ちている。" - William Hutson (member of clipping.) Post Harsh Noiseの旗手Kazuma Kubotaの現在廃盤となっている代表作品をCD化し2タイトル同時リリース! 本作は2010年に米国のレーベルPitchphaseから限定リリースされたオリジナルEP。 日常を思わせるフィールドレコーディングや感傷的なドローン/アンビエントと切り込まれるカットアップノイズのコントラストが単なるノイズミュージックを越えた唯一無比のドラマを生み出す傑作。 さらに本来収録される筈であった1曲を追加、晴れての完全版仕様となっている。 本再発にあたってはリマスタリングエンジニアにJames Plotkin(ex- Khanate, O.L.D.)を起用。巨匠の手を経て現代仕様のソリッドな音像にアップデートする事に成功した。スリーヴケースに保護されたジャケットにはKubota本人による撮りおろしの風景写真がふんだんに収録された12Pフルカラーブックレットを同梱、Kazuma Kubota独特の世界観を視覚面からも表象している。 国際シーンで人気を獲得し既に各地にフォロワーをも生み出している新たなるノイズ・フォーマットの提唱者として注目すべき作家の隠されたマスターピース、いまここに初の正規流通! "Essential documents of the cut-up noise resurgence. Kubota’s knife-sharp compositions contain more action and more ideas than many artists’ entire careers." – William Hutson (member of clipping.) Kazuma Kubota The flag-bearer of the Post Harsh Noise, His famous works up to now that lay the foundation of his present, have been turned into CDs and two titles will be released at the same time! This work is an original EP exclusively released by the U.S. label Pitchphase in 2010. Field recording that reminds you of ordinary life, emotional drone/ambient and the cut-up noise that cuts in creates a contrast that goes beyond simple noise music. It is a masterpiece that creates a drama like no other. A track that was initially supposed to be included has also been added, and this is the long-awaited complete version. For these reissues, we selected James Plotkin (ex- Khanate, O.L.D.) to be the remastering engineer. With the skill of the master, the music's update into a modern style solid audio/sound image was successful. The jacket protected by a sleeve case also contains a 12-page full-color booklet that contains many photographs of sceneries that Kubota himself has taken. Kazuma Kubota's unique worldview has been expressed from visual aspects as well. He is the advocate of a new noise format that has been gaining popularity internationally, with many followers already in various regions. The hidden masterpiece of such an artist that people should focus on !
30%OFF ¥1,540
非常階段(HIJOKAIDAN)/SISSY SPACEK - エントロピック(ENTROPIC)(CD+Sticker)
非常階段(HIJOKAIDAN)/SISSY SPACEK - エントロピック(ENTROPIC)(CD+Sticker)
"KING OF NOISE"!今年結成40周年を迎えた世界を代表するノイズバンド・非常階段と、昨年[…]dotsmarkのマネジメントにより初来日を果たしたUSブラー・グラインドSISSY SPACEKの初のコラボレーションアルバム。昨年のSISSY SPACEK日本滞在時に録音された非常階段とのコラボレーション、秋葉原GOODMANで行われた両バンドにテンテンコも加えてのセッションに加え、同日の非常階段のソロライヴ、SISSY SPACEKの未発表ソロ音源も同時収録。US盤とは異なるトラックリストで日本盤の登場です。8Pブックレットには坂口卓也氏によるライナーノーツ収録。 購入特典としてステッカー付き。 1.Amok Time(非常階段 x Sissy Spacek) 11:42 2.Seven Directions(非常階段 x Sissy Spacek - テンテンコ参加) 04:47 3.Necro Ton(Sissy Spacek) 29:16 4.Live at Akihabara Club Goodman(非常階段) 29:50 **非常階段 / HIJ0KAIDAN ** **JOJO広重 / JOJO HIROSHIGE (Guitar/Vocal) T.美川 / T.MIKAWA (Electronic sound) JUNKO (Voice) 岡野太 / FUTOSHI OKANO (Drums) 1979年に京都でJOJO広重と頭士奈生樹によって結成された、世界最初&日本最初のノイズバンド。大音量+即興演奏という基本コンセプトのもと、長きに亘ってノイズ演奏を続け「キング・オブ・ノイズ」という異名で国内外に名を知られている。 1980年に頭士脱退後、現在もメンバーであるT.美川が参加、ほかにも多数メンバーが参加し、1980-1982年頃はステージで破壊的なパフォーマンスを展開するライブを行い、国内外に知名度をあげることになる。 幾度かのメンバー変遷後、80年代にJUNKO、2009年に岡野太がメンバーとなり、現在の4人が正式ラインナップとなっている。ゲストミュージシャンとしてナスカ・カー・ナカヤ(Electronics)が参加するバージョンもある。 1982年に発表されたアルバム「蔵六の奇病」はインディーズ史上の名盤であり、ロングセラーを続けている。 海外でのライブ公演も多く、イギリスやアメリカ、イタリアなどからも作品のリリースもある。 2019年、結成40周年を迎えた。 SISSY SPACEK(シシー・スペイセク) 1999年ロサンゼルスで結成されたブラー / グラインドユニット。実験音楽家John Wieseによって設立され、ノイズコア、コラージュ、テープミュージック、フリーインプロビゼーション、ラージスケール・アンサンブル、そしてそれ以外にも、様々な要素を取り入れながら、グラインドコアのバンドして多彩な音楽シーンを超えて活躍を続ける中、多くのメンバーたちが、何年間も経つ間に、バンドに加わり、そして去っていった。このバンドは、数多くのジャンルをまたぐ、そして数多くのメソッドを駆使した30枚以上のフルアルバムを、すでにリリースしている。 過去10年間のシシー・スペイセクは、ライブパフォーマンスで地獄から来たようなグラインドコアの演奏を容赦なく観客に叩きつけるとともに、幅広いジャンルのレコードをリリースし続けている。 2018年には2013年からの編成であるCharlie Mumma (ドラム、2008年よりボーカル) とJohn Wiese (ベース、エレクトロニクス、ボーカル)のデュオで、結成20周年を記念し初の来日を果たした。
30%OFF ¥1,512
Limited Edition "NOISE" (Long Sleeve T-Shirt)
Limited Edition "NOISE" (Long Sleeve T-Shirt)
2019/12/7(金)@新大久保EARTHDOM "STAR DEATH CRUSH"会場限定で発売した田巻裕一郎制作のロングスリーブTシャツ、在庫品のみ通販開始しました。各色サイズに限りありますのでご了承下さい。 合計4つの版を用いフロントネック/バック/右袖/インナーに作家本人の手でプリントを施します。 ボディブランド: GILD-T2400-GY ボディカラー: WHITE, BLACK, PURPLE, SAFETY ORANGE, SAFETY GREEN サイズ: S,M,L,XL,XXL 制作:田巻裕一郎 ------------- "STAR DEATH CRUSH" 渋谷慶一郎(ATAK) 中原昌也(HAIR-STYLISTICS) 那倉太一(ENDON) DJ: MOODMAN VJ: rokapenis 日時:2018.12.7(金) 会場:新大久保EARTHDOM 開場 : 19:00 開演 : 19:30 前売 : ¥3,000当日 : ¥3,500 (ドリンク別) 前売発売日:e+またはEARTHDOM店頭にて 日本の先端音楽を代表する3者の初のコラボレーションライヴ決定! 音楽レーベル「ATAK」を主宰し、ボーカロイド・オペラ「THE END」他数々の作品で知られる音楽家渋谷 慶一郎。ノイズミュージックユニット「HAIR - STYLISTICS」として、また文筆家/画家/コラージュ作家として幅広い活動を続ける中原 昌也。世界最高峰のノイズバンド「ENDON」のフロントマン那倉 太一。 世界的に注目を集め続ける上記3者による初めてのコラボレーション・ワンマン・ライヴ! DJにMOODMAN、VJにrokapenisという東京ナイトシーンに欠かせない2者が華を添える。 フライヤーデザインは大友克洋等数々のコラボレーションで知られるコラージュアーティスト河村康輔。 当日は現代美術家/シルクスクリーンアーティストの田巻裕一郎による限定イベントシャツの販売も決定。 会場は日本のハードコア / エクストリームミュージックの名門・新大久保EARTHDOM。 電子音楽/現代美術/ノイズミュージック/エクストリームミュージック / ハードコア / クラブミュージックのボーダーを現行感覚で乗り越え、平成最後の年に歴史を一歩動かす夜となるだろう。 主催:[...]dotsmark 協力:TOKYODIONYSOS
30%OFF ¥2,800
Sissy Spacek - Expanding Antiverse (CD+DVD)
Sissy Spacek - Expanding Antiverse (CD+DVD)
本作はUSA/LA発ブラー/グラインド・ユニット"Sissy Spacek"の結成20周年を記念し制作された33枚目のアルバムである。Nuclear War Now!からリリースされる新作と同時期に制作された本作はグラインドとノイズの最も強烈な要素を取り入れた意欲作。テープマニピュレート、ノイズなど実験的手法をふんだんに取り入れ、曲のメソッドとしてで無く音そのものでグラインドコアにアプローチするような激しい音塊と怒濤の展開はノイズグラインド/グラインドコアの可能性を更新し続けるバンド=Sissy Spacekの希有なオリジナリティを存分に示している。 DVDにはSara Taylor(Youth Code), Aaron Hemphill (Liars), Mike Dubose (Raw Nerv es, Superbad)参加時のライヴフッテージやリハーサル、ギャラリーでの破壊パフォーマンス等様々な秘蔵映像を70分超収録。パフォーマンスアート"THE HATERS"を参照したJohn Wieseデザインによるアートワーク、紙ジャケゲートフォールド仕様。 Sissy Spacek: 1999年ロサンゼルスで結成されたブラー / グラインドユニット。実験音楽家John Wieseによって設立され、ノイズコア、コラージュ、テープミュージック、フリーインプロビゼーション、ラージスケール・アンサンブル、そしてそれ以外にも、様々な要素を取り入れながら、グラインドコアのバンドして多彩な音楽シーンを超えて活躍を続ける中、多くのメンバーたちが、何年間も経つ間に、バンドに加わり、そして去っていった。このバンドは、数多くのジャンルをまたぐ、そして数多くのメソッドを駆使した30枚以上のフルアルバムを、すでにリリースしている。 過去10年間のシシー・スペイセクは、ライブパフォーマンスで地獄から来たようなグラインドコアの演奏を容赦なく観客に叩きつけるとともに、幅広いジャンルのレコードをリリースし続けている。 今回は2013年からの編成であるCharlie Mumma (ドラム、2008年よりボーカル) とJohn Wiese (ベース、エレクトロニクス、ボーカル)のデュオで、結成20周年を記念し初来日する。 This album has been recorded to celebrate the 20th anniversary of the Los Angeles blur/grindcore unit "Sissy Spacek", as its 33rd release. This bold undertaking, including intense grind and noise elements, was recorded at the same time as the new album being released from Nuclear War Now! Productions. In a characteristic display of Sissy Spacek's continuous original developments of the potential in noise-grind and grindcore music through raging waves of sound, this album generously implements tape manipulations, noise, and other experimental techniques, not as methodical features of the songs, but by using sound itself to approach grindcore. The DVD includes over 70 minutes of rare footage, such as the live performance with Sara Taylor (Youth Code), Aaron Hemphill (Liars), Mike Dubose (Raw Nerves, Superbad), rehearsal, and a Destructive gallery performance. The gatefold disc cover includes artwork referencing the performaofnce art "The Haters" as designed by John Wiese. Sissy Spacek: A blur/grind unit formed in 1999 in Los Angeles. Established by experimental musician John Wiese, various members have entered and left the band throughout the years as it overlapped different scenes, considering itself a grindcore band while employing noisecore, collage, tape music, free improvisation, large-scale ensembles, and more. The band has already released more than 30 full albums, within different genres and methods. During live performances, Sissy Spacek, in the last 10 years, has been an unrelenting hellish grindcore assault, while releasing a wide variety of genres in their records. Since 2013, the band has been a duo with Charlie Mumma (drums, and vocals since 2008) and John Wiese (bass, electronics, vocals), and is coming to Japan for the first time to celebrate its 20th anniversary. CD 01. Cacti 02. Machine Abstraction 03. Arrow 04. Turner 05. Hoping Off 06. War Bonnet 07. Pre-Approved 08. Scramble Suit 09. Bleached 10. Mk II 11. Coupling Type 12. Prize Closet/ 1 13. Three Listed Actions 14. Sympathectomy 15. Lane Splitting 16. Mixed Message 17. Handgun 18. BPHF 19. California Sleep 20. W.A.M. 21. Closed To Interpretation 22. Limit Cycle Attractor 23. Spalling 24. Spike 25. Unraveling 26. Alphabetic 27. Run-On Line 28. Rejet 29. Blind Take/ 1 30. Alliterative Verse 31. Blind Take/ 2 32. Time Of Waste 33. Asylum 34. Pineapple Fragmentation 35. Painted Red 36. Variant 37. Seeded Fruit 38. Closed Couplets 39. Prize Closet/ 2 Total Time: 34:56 Bonus DVD 01. Live At The Handbag Factory 02. Live At Human Rescources 03. Reh 2014 04. Mata Gallery 05. Stacking 06. Live At The Smell 07. Live In Oakland 08. Live At Berserktown 09. Live On WFMU Total Time: 76:05
30%OFF ¥1,400
WORLD - WORLD (CD)
WORLD - WORLD (CD)
90年代大阪グラインドシーン(GRIND OSAKA)を中心に存在を示し、今なお語り継がれるノイズグラインドバンド"WORLD"初の音源編集盤。 代表的なリリース作である"Why Who What"(1st solo EP /1995)、 "Why Nobody Understand"(Split EP w/YesMeansYes /1997)、 "SPACE"(2nd solo EP /1998)、 "NEW WORLD"(Split EP w/Cripple Bastards /1999)の他、  "DEMO 1995"(cassette / 1995)そして "Snarl Out 7" Compilation"(EP/1997)、 "V.A.19.1.17.5.46 - 1:41"(Cassette/1995)、 "V.A.PAINKILLER PRESENTS 2000 OSAKA WAR"(CD/2000)参加トラックを収録。 原浩一氏による全曲リマスタリング、メンバー監修の16頁ブックレット封入。 デビューから20年を越え未だフォロワーの発生すら許さない特異かつ孤高のパンク・バンドの悪意の結晶、今ここに甦る! Track: 1. DEMO 1995 - 4:53 2. WHY WHO WHAT - 4:03 3. WHY NOBODY UNDERSTAND? - 2:51 4. NEW WORLD - 4:18 5. SPACE SIDE A - 5:56 6. SPACE SIDE B - 3:28 7. Snarl Out 7" Compilation - 1:32 8. V.A.19.1.17.5.46 - 1:41 9. V.A.PAINKILLER PRESENTS 2000 OSAKA WAR -6:48 Total Time: 32:27 WORLD: VOX : kovLA THROAT : HIROSHI “tama” ZEN DRUMS : AONO TADAHIKO ex.Member DRUMS : KANAME (WHY WHO WHAT) 1993年結成、1995年京都舞鶴にてライヴデビュー。 グラインドコアバンドとしてスタートしつつ自作のノイズマイク開発、テープコラージュなど多様な実験的手法を取り入れ活動。 1998年、EP"NEW WORLD"で悪意の完成を迎える。 1999年、預言された世紀末の訪れに伴いHIROSHI “tama” ZEN脱退、悪意/闇/地獄をぶっ放して活動停止。 2018年、難波BEARSで19年振りにライヴ活動を再開。 RELEASE PARTY: 9/15(土)大阪・難波BEARS 出演:WORLD/SISSY SPACEK(USA)/SOLMANIA 9/16(日)東京・小岩BUSHBASH 出演:WORLD/SISSY SPACEK(USA)/cunts/ENDON/TEXACO LEATHERMAN/CARAMBA x 黒電話666/ DJ:BLACKSHEEP CREW - COGEE,SUNGA,MJ,UG KAWANAMI Catalogue Number: OOO-34/死の六 Label: [...]dotsmark / 死体カセット
¥1,400 SOLD OUT
Kazuma Kubota / Mei Zhiyong -Session June.12.2016 (CD)
Kazuma Kubota / Mei Zhiyong -Session June.12.2016 (CD)
様々な層から支持を集めるノイズ・アーティストKazuma Kubotaと、近代中国ノイズの最重要人物メイ・ジヨン。 日中現代ノイズ・アーティストの邂逅により実現した2016年スタジオ・セッションの記録音源である。両者のソロワークから感じられる共時性をタイト&ハードなノイズとして融合させた高純度コラボレーション。 日本と中国のノイズの今を表す重要な1枚となるだろう。限定300枚。 Kazuma Kubota the noise artist who is gathering support from various strata, and Mei Zhiyong the most important figure of modern Chinese noise music. This piece of work is the live recording of a 2016 studio session that came about from a chance encounter of the Japanese and Chinese modern noise artists. It is a collaboration of a high purity that fuses together the synchronicity, which can be felt from the two artists' solo work, as a tight and hard noise. I think this is an important piece that presents the current Japanese and Chinese noise. limited edition of 300 copies. Kazuma Kubota: 都内を中心に活動するハーシュノイズアーティスト。 スピードとブレイク感溢れるノイズと 美麗なアンビエントドローンサウンド、フィールドレコーディング等によって構築された繊細かつドラマチックな作風でノイズリスナーのみならずエレクトロニカ、シューゲイザー、ハードコア他あらゆるエモーショナルな音を求めるリスナーからの支持を集める。 2013年に米ノイズレーベル"Ninth Circle Music"から1stフルレングスアルバム"Dis-connected"をリリース。 同じく2013年に初の国内流通作品として"Two of a Kind"EP/CDを国内レーベル"[…]dotsmark"からリリースし、即完売。 Ototoyでの美川俊治氏(非常階段/INCAPACITANTS)との対談や豪Night Science誌でのインタビュー掲載、英WIRE誌でのレビュー掲載等、国内外メディアで注目を集めている。 2016年8月には米国オハイオ州デイトンでのノイズ音楽フェスティバル"Amplified Humans Festival"にヘッドライナーとして招致される。 2017年、米国Amethyst Sunsetより"Utsuroi"LP(Reissue)をリリース。 Kazuma Kubota: The harsh noise artists that are active in the heart of the metropolitan area. He gather the support from listeners who seek out the delicate yet dramatic composition style constructed by noise that is filled with a sense of speed and breaking, a beautiful ambient droning sound and field recording etc.; as well as from those besides noise listeners, who seek electronica, shoegazer, hard core and all the other emotional sounds. In 2013, He released him first full length album "Dis-connected" from the American noise label, "Ninth Circle Music". Similarly in 2013, he released the EP/CD "Two of a Kind" as their first domestically distributed work from the"[…]dotsmark", which sold out immediately. he have been gaining attention from domestic and international media for their conversation with Mr. T.Mikawa on Ototoy and publication for interviews in the Night Science magazine and the Wire magazine etc. In August 2016, they were invited as the headlining act for the "Amplified Humans Festival" in Dayton, Ohio in USA. In 2017, they plan on releasing their LP record "Utsuroi"(reissue) from USA's Amethyst Sunset. Mei Zhiyong: メイ・ジヨン(梅志勇)氏は、中国の最も重要な国際的ノイズ実験音楽家であり、ハードウェアノイズ楽器のDIY製作家だ。彼はまたインディペンデント映画や写真等でも活動している。ノイズが全てのルールを破壊する手段であり、無価値を固定化することによって初めて、人は音声と身体の間の矛盾、肉体と精神の矛盾から解き放たれる、とメイは考えている。同氏のパフォーマンスの象徴となるものは、力強い演奏スタイルと、ハッキングとサーキットベンディングによって変換された電子楽器だ。メイは2014年以来ヨーロッパ、アジア、日本でツアー公演を敢行した。同氏は今やアジアで、ノイズと実験音楽の新進気鋭のアーティストになりつつある。 Mei Zhiyong: Meizhiyong is China's most important international noise experimenter and hardware noise instrument DIYER.He is also active in independent film and photography, etc. Meizhiyong thinks that noise is the carrier of breaking all the rules, only impaling nothingness will real make you get rid of the contradiction between voice and body, between body and mind.The sign of his performance is the strong acting style and the electronic musical Instruments transformed by hacking and circut-bending. Meizhiyonghas already toured in Europe and Japan successively since 2014.He is now becoming the new blood of the noise and the experimental music in Asia.
30%OFF ¥840
黒電話666 (BLACKPHONE666) -Accumulation (CD)
黒電話666 (BLACKPHONE666) -Accumulation (CD)
SAMPLE(ENA/KYOKA Remix) ENA Remix https://soundcloud.com/blackphone666/blaze-ena-remix-sample KYOKA Remix https://soundcloud.com/blackphone666/oxd-kyoka-remix-sample 東京を拠点に、主にライブシーンにおいてその実力を轟かせて来た、オリジナルハーシュサウンド追求者にして電気音響過激派「黒電話666」の満を持しての1st 公式作品。 神経質な電子音楽然とした立ち上がりから徐々に聴取者を責め上げる"BLAZE"、豪放なエネルギーが可聴域を抹殺する"OXD"、この2曲があれば、なぜ黒電話666があらゆるジャンルと国を超えリスナーを震撼させ得るのかについて感付くのには充分だ。 「黒電話666」という21世紀の苛烈電子音楽を代表するユニットが蓄積(Accumlation)してきた漆黒が世界中のスピーカーから決壊する時が来た。 さらにCDのみフィジカル特典として豪華リミキサー陣を招致。ENA (Samurai Horo)、KYOKA (raster-noton)による、この二者でしか作り得ない先鋭的かつドープな黒電話ノイズ再構築音源を収録。マスタリングは、にせんねんもんだい・空間現代・伊東篤宏等のレコーディング/マスタリングを手がけるnoguchi taoruが担当。 Extreme electronic music act/original harsh noise sound seeker from Tokyo, renowned for tons of gigs, "BLACKPHONE666" drops his long-awaited 1st official release. "BLAZE" is started with nervy electronic sound, then, gradually torture your ears. "OXD" destroys your audible field with rough energy. When you listen these 2 tracks, you must notice why worldwide listeners from various genre rocks out by his sound. "BLACKPHONE666" is the leading act of relentless electronic music in the 21th century. The time has come when his "Accumulation" of pitch-black noise overflows from speakers around the world. The remix tracks by ENA (Samurai Horo, KYOKA (raster-noton) are recorded as the bonus tracks only for CD. These 2 impressive artists create edgy and dope re-construction of his blackphone noise, like no one else can do.The mastering is by noguchi taoru, who has worked with Nisennenmondai ,Kukangendai, Atsuhiro Ito, etc, as the recording/mastering engineer.
¥1,260 SOLD OUT
Kazuma Kubota / GUILTY C.- Split C-40
Kazuma Kubota / GUILTY C.- Split C-40
Back in stocks.left few copies. 00年代以降興っているハードコアとノイズのリンクのハーシュノイズサイドからの実行犯GUILTY C.。そして2014年に発表した初単独国内盤"Two of a Kind"CD(ooo-28/[…]dotsmark)が大きな反響をもって迎えられた気鋭のノイズアーティストKazuma Kubota。同世代、同時代を生き、それぞれに経験と評価を積み重ねて来た両者による初のスプリット作品。土砂災害の如く熾烈なハーシュノイズと洗練さ れたミックス、真っ黒な雪崩の中の構成美!カセットテープ・初回プレス150本。DLコード封入。 Kazuma Kubota 都内を中心に活動するハーシュ・ノイズ・アーティスト。2004年の 冬より"BLOODY LETTER"名義で活動開始。2007年以降は本名のKazuma Kubota名義で活動。スピード感とブレイク感溢れるノイズと 美麗なアンビエント・ドロー ン・サウンド、フィールド・レコーディング等によって構築され た繊細でドラマチックな作風はノイズ・ファンのみならずエレクト ロニカ、シュー・ゲイザー、ハードコア他あらゆるエモーショナルな音を求めるリスナーへの訴求力を持つ。2013年には米ノイズの巨匠Chris GoudreauのレーベルNinth Circleから1stフル・アルバム"Dis connected"をリリース。 GUILTY C. 1999年 から活動を続けるドクロの使者。フィードバック・ノイズと淀んだ音の波が寄せては返し、幾重にもなる怪しいノイズの壁が砂の ように崩れ落ちる、残虐無慈悲なダークノイズ・プロジェクト。
¥700 SOLD OUT
Abisyeikah - observation about air (CD)
Abisyeikah - observation about air (CD)
ローファイ/ナンセンスと悪趣味と思索の深さが膝突き合わせて同居する数々のパフォーマンス、解析不能すぎるトゥー・マッチ・プログレッシヴ・スタイルと徹底したアンダーグラウンド&ホームメイドなテロリズム音響によって多くの黙殺と熱狂的な賞賛を得て来た「異物としての『ノイズ』」ユニット・アビシェイカー。本作は彼等の4thオリジナルアルバムにして初のプレスCD/正規流通作品となる。 今彼等に注目しなかったらいつ注目するんだ?! DL版は下記配信先からご利用頂けます。 iTunes/Amazon/Bandcamp/Ototoy Abisyeikah(アビシェイカー): 2004年結成。群馬~行田~高円寺~六本木~渋谷に潜伏し、コンスタントにライヴとリリースを重ねる。 デビュー当初から「ゴアグラインド」「ノイズグラインド」を標榜し、そのキーワードを独自に拡大解釈あるいは誤解しエクストリームミュージック~ノイズ~パフォーマンスアート化したような創作活動を繰り返す。 呼ばれた土地土地のリアルアンダーグラウンドなイベントに出演を重ね、これまでにツネマツマサトシ、OH MY COW!、殺(KILL)等の日本パンク/ロックの大御所から美川俊治+HIKO、Dave Phillips、Francisco Meirino、Yousuke Fuyama等のガチンコノイズ/電子音響勢と共演。更に冷蔵庫マン、川崎CHITTAで行った某芸術家とのコラボに於いては森山未來とも、ジャンル/業種/キャリア/オーバーグラウンドorアンダーグラウンドを問わずあらゆるシーン、国のアーティストとボーダーレスに共演の機会に恵まれ、渡り合う。 2012年にUSAのAGORAPHOBIC NOSEBREEDのメンバーJ.Randallが主宰するレーベル"GRINDCORE KARAOKE"から、JESUS OF NAZARETH及びKUSARI GAMA KILLとの3way remixアルバムをリリース。 2013年、UKビートボックスチャンピオン"Beardyman"にライヴ動画が高く評価され国際的な注目を浴びる。 更にオーストラリアのHorrer core/Break core"Passenger of shit"からもリスペクトを受け、彼の企画するV.A.への参加およびPassenger of shit&アビシェイカーによるコラボレーション作の制作も決定している。
¥1,050 SOLD OUT
5way split - 真実は詐欺師の発明/TRUTH IS INVENTED BY LIARS (CD)
5way split - 真実は詐欺師の発明/TRUTH IS INVENTED BY LIARS (CD)
2012年4月~5月にかけて敢行されたスイスのアーティストDave PhillipsとFrancisco Meirino両者の日本ツアーを記念して制作された5way Split CD。 両者に加え、Dave Phillipsを擁したアクション・ユニットSchimpfluch-Gruppeでも知られ、現在は大阪に在住、EXTREME RITUALとも形容される独自の世界観での音響パフォーマンスを続けるRodolf.Eb.Er(R&G)、ENDONのノイズ奏者によるソロノイズユニットMASS PHALLOCENTRISM ATTACK、知性とナンセンスの強引な配合によって全く独自の表現実験を続けて来た群馬のノイズ/アバンギャルドユニットABISYEIKAH(アビシェイカー)の計5組のオリジナル曲と、Dave&Franciscoによるコラボレーショントラックを収録。スイスアヴァンギャルドと、それをリスペクトする日本の新しい才能とを橋渡しする日瑞友好盤。 This CD was produced according to the 2012 Japan tour of Dave Phillips & Francisco Meirino. CD with 5 Noise/Avant-Garade/Electro acoustic artist from Japan and Switzerland. Original songs from each artist, and included the collaboration track of dave with francisco. Dave Phillips is an noise actionist of Switzerland has been active since 1987.He is a member of art group "Schimpfluch-Gruppe", and in the past was the main member of the legendary grindcore band "FEAR OF GOD". He has built dense tracks by voice, sound, field recordings,for problems of modern society. Francisco Meirino is an sound artist working in Switzerland since the 1990s.He makes a live performance using the multi-channel also pluralistic, field recordings and Electro acoustic using. Rudolf EB.ER is a founding member of "Schimpfluch-Gruppe", Swiss artist currently working in Japan. The above three artists, supported on this tour Corrupted,Hijokaidan,Endon and more. Abisyeikah is an lo-Avant-garde unit working in Japan since the 1994.They sound production are humorous,lo-fi and very free.They have released a 3 albums and many VA so far. MPA is a Japanese young noise collage unit.solo project by noise player of the noisecore band ENDON of Japan.
30%OFF ¥1,050
ENDON - ACME APATHY AMOK (CD)
ENDON - ACME APATHY AMOK (CD)
ENDONは2007 年に結成された、エクストリームミュージックの決定的な更新を目論む音響集団である。通常のバンド編成にエレクトロニクス奏者2人を擁した彼らの生成する音は、Noise,Hard Core,Black Metal, Industrial,Grind Core といった無数のハードスタイルの混成であり、徹底的にフィジカルなPure Hard Core の体現である。 身体と音響の運動量過多、自傷・流血の頻発する破滅的なステージングは地下ライブシーンで話題を呼んでおり、 最も注目すべきアクトの1つだ。メンバーAXONOX はエフェクターブランドMASFを主宰しており、ENDONでの使用機材にとどまらず過剰な性質を持つ製品を発売、ユーザーに「BORIS」など多数のアーティストが名を連ねる。また、単独主宰ライブイベントとして「TOKYODIONYSOS」、毎年末には50組に及ぶ多種多様 なアーティストの結集するカオスなイベント「地獄のコミュニケーション」を共催でプロデュース、アンダーグラウンドなアーティストたちによる闘技場的空間のアレンジを試みる。 ENDON is an experimental acoustic collective from Tokyo, first gathered in 2007 in order to bring a decisive rally on contemporary extreme music. In addition to a conventional band formation of vocal, guitars, and drums, there are two additional electronics performers, allowing them to create harsh, distinctive sounds in various chaotic mix of styles ranging from noise, hard core, black metal, industrial, to grind core, through an absolutely physical embodiment of pure hard core mentality. Their staging can be characterized as a plethora of physical and acoustic momentum, with destructive performances involving self-mutilation and bleeding, receiving high critical acclaims in the underground live scenes and are touted as one of the most exciting acts. To me this material sounds like Endon has taken some of the traditional Japanese noise like Hijokaidan, and updated it to 21st century. -Mikko Aspa (Grunt / FREAK ANIMAL / Deathspell Omega / NORTHERN HERITAGE) This commemorative first full length album “Acme Apathy Amok” is the representation of the band’s ever growing nefarious deeds, and it serves as the evidence to their success in creating a new epitome of hybridized extreme harsh music through the abolition of the obsolete system of musical categorization. Fuck the conservatives and fuck the unorthodox. Don’t take your eyes off of these guys! -PAINJERK
¥1,050 SOLD OUT
CUI_TUI-E discs & tapes